関ヶ原の残党、石田世一の文学館

アクセスカウンタ

zoom RSS 大河ドラマ探訪335大坂夏の陣400年46「真田丸プレミアムトーク」・三成祭の真田徹氏のトークショー

<<   作成日時 : 2015/10/29 10:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 11月3日に大阪明星学園で開かれる「大坂の陣400年 真田丸プレミアムトーク」の参加入場券が送られてきました。以前、応募したものであり、抽選に当たりました。新聞でも一面の案内広告が出ており、定員800名ということでしたので、ちょっと難しいかもしれないと思っていました。
 明星学園は真田信繁(幸村)があったとされるところ(千田嘉博氏の見解)であり、「真田丸プレミアムトーク」では、明星中学生三年生による真田丸の研究発表、千田嘉博氏の講演会「豊臣大坂城と真田丸ー真田信繁の戦略を読むー」、大河ドラマ「真田丸」で本多忠勝を演じる藤岡弘、氏とNHKチーフプロデューサーの屋敷陽太郎氏による「真田丸プレミアムトーク」が行われます。
 盛り沢山な内容であり、聴きに行くのを楽しみにしています。
 「真田丸プレミアムトーク」の新聞広告には、千田嘉博氏の真田丸についての見解も掲載されています。千田氏の真田丸推定地の見解については、拙ブログ記事でも取り上げたことがありますが、新聞広告には次のように記されています。
 「千田さんは、江戸時代の初めに編さんされ、広島・浅野家に伝わってきた『浅野文庫諸国古城之図』の『摂津 真田丸』の絵図をもとに、現地を丁寧に歩き、このほど『真田丸』が大阪明星学園の場所であることを突き止めました」と。
 また「真田丸は大坂城の南を守ろうとして造営されたというのが通説ですが、私は信繁(幸村)が別の戦略を立てていたのではないかと考えています。数で圧倒的に勝る徳川軍の主力が大坂城の南側に旋回してくることを見越して、局地戦に勝利し、その後の交渉を有利に運ぼうとしたのではないかと考えている」という千田氏の話も掲載されています。
 千田氏の見解に「基づき天王寺区役所は、大阪明星学園の敷地内に『真田丸顕彰碑』の建設を進めており、来年2月ごろに完成する予定です」ということも記されています。
 この新聞広告には、10月31日に天王寺公園で行われる「天王寺 真田幸村博『決戦!天ノ陣』のイベントについても触れられていますが、残念ながら彦根での「三成の戦4」のイベントと重なりますので、参加できません。
 10月20日付の朝日新聞夕刊(関西版)のイベント情報に「石田三成祭」のことが掲載されていますが、その中に「0時半、真田幸村の子孫、真田徹さんによるトークショー『関ヶ原、真田の決断』を開催」と記されています。このトークショーのことは私は知らなかったので、どのような話が聴けるのか、これも楽しみです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大河ドラマ探訪335大坂夏の陣400年46「真田丸プレミアムトーク」・三成祭の真田徹氏のトークショー 関ヶ原の残党、石田世一の文学館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる