関ヶ原の残党、石田世一の文学館

アクセスカウンタ

zoom RSS 大河ドラマ探訪346「真田丸」11 石田三成の実像1574 「石田三成 出陣式」・第9回の描き方

<<   作成日時 : 2016/03/12 12:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

 東京で行われた「石田三成 出陣式」には行けませんでしたが、ネットニュースなどでその様子がうかがえました。三成演じる山本耕史さんが、三成の家紋である「大一大万大吉」をその場で筆で書き、披露していました。「真田丸」に三成が登場するのは4月からということですから、もう少し先ですが、今から登場が楽しみです。
 さて、大河ドラマ第9回では、北条が南下して家康と戦う隙に乗じて、信濃を国衆で団結して治めようとするものの、それを翻し劣勢に立つ家康の味方をして、その見返りに諏訪、甲斐における2000貫文の所領を家康に要求して認めさせ、さらに沼田領の安堵まで取り付けていました。また信繁も北条の兵站を断ち切る手柄を立てていましたが、北条と家康が和平を結ぶという、昌幸にとって想定外の事態に至ったことまでが描かれていました。
 信繁がそういう活躍をしたというのは、三谷幸喜氏のフィクションですが、主人公ですから、敢えてそういう活躍の場を与えたのでしょう。
 ドラマでは昌幸が弟の信尹を通じて、家康から所領の約束を取り付けるという描き方でしたが、この点について、丸島和洋氏の「真田四代と信繁」(平凡社新書)には、次のように記されています。
 「昌幸と徳川家との交渉は、依田信蕃と曾禰昌世を介して行われた。ともに武田時代の同僚であり、特に曾禰昌世は同じ『信玄の両眼』と呼ばれた親しい仲である。しかし、昌幸を後押ししたのは、実弟加津野昌春の進言だろう。家康は昌春の働きについて『万事其方御取成』と述べており、昌春は兄昌幸とは別行動をとり、徳川家に仕えていたらしい」と。
 加津野昌幸は、真田信尹のことです。また昌幸が家康に条件を出したのではなく、反対だということ、その条件の内容もドラマとは違っていることが、丸島氏の同書で記されています。
 すなわち、「9月28日に家康が提示した条件は、上野長野氏旧領、甲斐において2000貫文の所領、および信濃諏訪郡の宛行であった。長野氏旧領というのは、箕輪領(高崎市)を指しており、武田時代には西上野支配の拠点となっていた。ようするに、上野支配を任せるという条件であろう。もちろん、空手形に過ぎない。諏訪郡は北条方に転じていた諏方頼忠(よりただ)の領国だから、これも完全に空手形である。ただし、甲斐2000貫文については、相当部分が徳川領国になっているから、履行されたらしい。翌天正11年(1583)、昌幸は甲斐において所領を家臣に宛行っている」と。
 ドラマでは沼田領を家康に認めてもらうという描き方でしたが、丸島氏の同書では、それは家康の条件にはなく、北条と徳川が和睦した条件に、北条への沼田・岩櫃領割譲に昌幸が激しく抵抗したのは、「沼田・岩櫃は家康から与えられた所領ではなく、勝手に割譲を決められる謂われはない」からだと記されています。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです!今日、石田三成の青春という本を注文しました。(どこも売り切れで)滋賀県のCMももちろん歌ってますよ〜
最近、黒鉄ひろしさんがBSで石田三成の弁護人と言って三成愛を語ってましたしブームがきてますね!主人から変人扱いをされていましたが今では認められてます!
tokebi
2016/03/12 21:53
 tokebiさん、コメントありがとうございます。
「石田三成の青春」は私も頼みました。著者の松本氏とは、小説を執筆される前に一度お目にかかったことがあります。本はまだ手元には届いていませんが、読むのを楽しみにしていますし、また感想を拙ブログで記したいと思います。
 滋賀県のCMも見ましたが、三成をこれだけ宣伝するのは画期的なことですし、嬉しいことですね。「真田丸」で三成が登場すれば、もっと盛り上がるのではないでしょうか。イベントもいろいろ開催されるかもしれませんね。今後の展開が楽しみですし、三成の真の姿を知ってファンがもっと増えてくれることを何より願っています。
 今後ともよろしくお願いします。
石田世一
2016/03/13 00:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
大河ドラマ探訪346「真田丸」11 石田三成の実像1574 「石田三成 出陣式」・第9回の描き方 関ヶ原の残党、石田世一の文学館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる