関ヶ原の残党、石田世一の文学館

アクセスカウンタ

zoom RSS 石田三成の実像1650 彦根・長浜の「MEET三成展」・太田浩司氏「『真田丸』を3倍楽しむ講座」1

<<   作成日時 : 2016/06/14 10:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

 12日は彦根のホテルを後にして、開国記念館で開かれている「MEET三成展」を見に行きました。大河ドラマ「真田丸」の写真パネルが多く展示されていましたが、佐和山城の発掘調査で出土品もありました。三成の衣装も展示されていましたが、「真田丸」のものではなく、「天地人」と「江」で使われていたものでした。実際、まだ三成演ずる山本耕史さんのドラマ収録は終わっていないはずですから、「真田丸」の衣装の展示はまだ無理だと納得しました。
 映像コーナーがあり、「真田丸」の三成の出演場面、東京で行われた三成の「出陣式」の様子、幕張で行われた「ニコニコ超会議」の「超真田丸」での小日向えりさんと甲冑姿の山本耕史さんのインタビューの様子なども流されていました。
 小日向さんが「人を不快にさせるものがある」(信繁のセリフ)という設定の「真田丸」の三成を演じるに当たって工夫した点について問うと、山本さんは「目を合わせないようにした」と答えていました。これは「歴史街道」のインタビュー記事とも重なる部分ですが、インタビュー記事にも、「三成自身、物事の大小に関係なく無駄が嫌いな男。とにかく、あまり動きがなく、表情も変えないように役作りをしています」と述べています。
 山本さんの演技のうまさはさすがだと思いますが、こういう極端すぎる設定自体、三成の実像に対する誤解を生むのではないでしょうか。「天地人」でも、小栗旬さん演じる三成が、兼続の家臣たちともうまく会話ができず、みんなにそっぽを向かれる場面がありました。しかし、実際の三成は、真田信幸宛の私信的な書状でもわかるように、素直な心情が表れており、「人を不快にさせる」とか「嫌な奴」だというイメージとはかけ離れています。中井俊一郎氏の「石田三成からの手紙」(サンライズ出版)にもこのことは記されていますし、この本を読めば三成の実像がよくわかってきます。
 彦根の「MEET三成展」を見た後、今度はJRで長浜に移動し、「のっぺいうどん」を数年ぶりに食べて、湖北情報センターで行われている「MEET三成展」を見ました。ここには山本さんが「出陣式」で書いた「大一大万大吉」の字、秀吉書状が三通、秀吉と真田信繁の年表パネル、真田家と近江人脈相関図パネル(この図については、この後で聞いた太田浩司氏の「大河ドラマ『真田丸』を3倍楽しむ講座 第1回真田家と豊臣家の人びと」ても触れられていましたが、これについては後述します)などが展示されていました。
 太田氏の講座は長浜市民交流センターで行われましたが、少し離れたところにあり、長浜八幡宮を通って、南下してたどり着きました。講座は1時間半の予定が2時間に及びましたが、ドラマと史実の違いがいろいろな観点から指摘され密度濃い内容でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
MEET三成展、私も5月末に行ってきました。心躍って行きましたが割とこじんまりしてましたね!主人が千成亭を予約したので三成めしにありつけず、接客も食事も良くなく散々な目に…今度こそ印象の良い長浜で美味しい三成ご飯をいただきたいと思います。長浜の大通寺の近くで美味しいコーヒー(ロマン亭)を見つけたし、街歩きしていても三成様がふっと現れるような優しい風を感じます。

tokebi
2016/06/14 12:29
tokebi さん、コメントありがとうございます。
 確かに「MEET三成展」はこじんまりとしていましたね。もっとも、米原会場は今回は行きませんでしたが。
 三成めしは三成勝丼を食べただけでしたが、他の店のも味わってみたいところです。「ロマン亭」は私も訪ねたいと思います。
 「真田丸」関連の講演会や講座は湖北でこれからも行われますので、何回か聴きに行くつもりです。久しぶりに関ケ原や大垣にも行ければと思っています。
 ドラマでの山本耕史さんの活躍にも期待しています。
石田世一
2016/06/16 00:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
石田三成の実像1650 彦根・長浜の「MEET三成展」・太田浩司氏「『真田丸』を3倍楽しむ講座」1 関ヶ原の残党、石田世一の文学館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる