関ヶ原の残党、石田世一の文学館

アクセスカウンタ

zoom RSS 石田三成の実像1667 「鶴瓶の家族に乾杯」 山本耕史さんの大垣、関ヶ原ぶっつけ本番旅

<<   作成日時 : 2016/07/06 20:14   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

 4日の夜にNHKで放送された「鶴瓶の家族に乾杯」で鶴瓶さんと山本耕史さんが大垣を訪ねていましたが、一番面白かったのは、最後の最後に山本さんが関ヶ原まで一人足を延ばして、笹尾山の三成陣跡を訪ねた時に、たまたま出くわした三成ファンの26才の男性とのやりとりでした。
 上まで一緒に登ったまではよかったものの、その男性が「○○こうじ」と名乗ったのに対して、山本さんも自分も同じ「山本こうじ」だと言った途端、初めてその男性は堀北真希さんと結婚した相手と気づき、堀北真希の熱烈ファンだった彼は、結婚報道に傷つき、山本さんが三成役をやると決まった時、「ざまあ(みろ)、三成になってやっつけられろ」と思ったと言っていました。一応二人は仲直りの握手をしていましたが、その男性の屈折した複雑な心境がよくわかりました。
 最初、鶴瓶さんと山本さんは一緒に大垣を回っていましたが、山本さんは一度大垣に来てみたかったと言っていました。番組でも紹介されていましたが、三成は関ヶ原に移動するまで、一カ月余り大垣城におり、「真田丸」でもその場面は描かれると思われますし、山本さんにとって思い入れが深かったのかもしれません。もっとも、番組の企画だったという面もあるでしょうが。
 しかし、番組では、二人は大垣城のそばの戸田氏鉄像の前で出会いながらも、大垣城はパスして、町中を歩いていました。むろん、大垣の観光スポットや名産品は紹介していましたし、後で山本さん一人で大垣城を訪ねる場面がありました。しかし、城内の様子は少し写っただけで、城から見える関ケ原方面を遠望するところだけ映像に出ていました。確かに城内には、戸田家ゆかりの品々が数多く展示されており、それでパスされたのかもしれませんが、それでも関ヶ原関係のものとしては、ジオラマの展示やビデオコーナーがあります。
 オンライン三成会編「三成伝説」(サンライズ出版)には、大垣付近の三成ゆかりの場所をいろいろ取り上げています。大垣城をはじめとして、杭瀬川古戦場、権現のぞきの地碑、三成が杭瀬川の戦いに勝利した後首実検をしたという遮那院跡など。このうちの一部でも番組で訪ねてほしい気がしました。
 鶴瓶さんは赤坂宿を訪ねていましたが、ここには杭瀬川の戦いで戦死した東軍の野一色頼母の兜塚があり、これも「三成伝説」で取り上げています。もっとも、鶴瓶さんは歴史にあまり興味がないので、致し方ないところですし、いろいろな人との出会い、ひとときの触れ合いを大事にするのが鶴瓶さんのポリシーです。
 大垣は2000年に行なわれた「決戦関ヶ原大垣博」以来、何度となく訪ねていますが、ここ2年程はご無沙汰しています。この番組を見て久しぶりに行きたくなりました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
石田三成の実像1667 「鶴瓶の家族に乾杯」 山本耕史さんの大垣、関ヶ原ぶっつけ本番旅 関ヶ原の残党、石田世一の文学館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる