関ヶ原の残党、石田世一の文学館

アクセスカウンタ

zoom RSS 三成の実像1982 白峰旬氏「在京公家・僧侶などの日記における関ヶ原の戦い関係等の記載について」46

<<   作成日時 : 2017/07/27 18:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

  白峰旬氏の「在京公家・僧侶などの日記における関ヶ原の戦い関係等の記載について」(別府大学史学研究会『史学論叢』第46号所載)の中で、その「時系列データベース」(慶長5年3月〜同年12月)がまとめられていますが、北政所が自分の居住する京都新城を破壊したという記事が、いくつかの日記の8月28日条から9月2日条にかけて記されています。
 京都新城については、以前にも記したことがありますが、北政所が秀吉の死の翌年、大坂城西の丸から移り住んだところであり、御所の東南にあり、現在の仙洞御所の位置に当たります。北政所が家康に大坂城西の丸を譲ったとする見方がよくされますが、福田千鶴氏の「淀殿」(ミネルヴァ書房)には、北政所は大坂城にいた淀殿と連携して、京都で役目を果たしたのだと指摘されています。すなわち、北政所(寧)は「京都新城に拠点を構え、朝廷の応接や豊国社の運営、さらには方広寺大仏殿における供養などにおいて、豊臣家の家政の出先機関的な役割を担ったのではないか」と。
 「時慶記」の8月28日条には、次のような記載があります。
 「城(京都新城)の櫓(『矢倉』)を下した(破壊した、という意味か?)、とのことである。西洞院時慶が、八条宮智仁親王の(侍臣)大石甚介のところへ人を遣わしたところ、いまだ丹後から上洛していない(のでいない)とのことである。西洞院時慶が飛鳥井雅庸へ使者を遣わし、伊勢のことは心許ない旨を申し遣わした」
 京都新城のことだけでなく、丹後、伊勢の状況についても少し触れられています。
 「義演准后日記」の8月29日条には、次のように記載されています。
 「京都城(北政所がいる京都新城)を今日から破る(破壊する)、ということである。(その理由は)禁裏の御近所のためである。(このことは)珍重である。種々雑説があり物騒である」と。
 この記載についての白峰氏の解説は次の通りです。
 「北政所が御所に近い京都新城を破壊したのは、その時期の戦乱と関係するのかどうか検討する必要がある」と。
 このことに関して、白峰氏の同論考の「緒言」には、内藤昌氏・由浅耕三氏の「禁裏の近所故に関ヶ原役前後の混乱を予想して、周囲の石垣・塀・門を撤去した」、「おそらく城郭としての防備の構えをはずして、戦乱の巷となるのをさけた」という指摘が取り上げられていますが、白峰氏は「関ヶ原の戦いとは直接の関係がなく」、「京都新城が御所の近所に所在するという位置関係によるものと考えるべきであろう」との見解を示されています。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
三成の実像1982 白峰旬氏「在京公家・僧侶などの日記における関ヶ原の戦い関係等の記載について」46 関ヶ原の残党、石田世一の文学館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる