アクセスカウンタ

<<  2017年7月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
石田三成の実像1986  中野等氏「石田三成伝」59 三度目の奥州下向2 唐入り1
 中野等氏「石田三成伝」(吉川弘文館)の中で、三成の三度目の奥州下向について、天正19年「10月6日に蒲生氏郷とともに米沢に到り、8日に三春(みはる)を経て10日には岩城平(いわきだいら)に到着して仕置を行っている」、「佐竹義宣書状から、三成は9月20日の段階では、10月10日頃には常陸の国境に達する予定だったが、若干遅れて常陸国内に入ったものと考えられる」と記されています。  三成が京に戻った時期は10月末以降であろうとの小林清治の推察も紹介されています。  秀吉が関白を辞し、代わって秀... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/31 18:32
石田三成の実像1985  中野等氏「石田三成伝」58 三度目の奥州下向・佐竹義宣書状
 中野等氏「石田三成伝」(吉川弘文館)の中で、三成が三度目の奥州下向をしていた時の、国許にいた和田昭為に宛てた佐竹義宣書状が取り上げられ、三成との親密な関係がうかがえる内容になっています。この頃、義宣は三成と行動を共にしていました。  書状の中で、まず「石田三成(治部少輔)殿が来月10日頃に、陸奥と常陸の国境付近に御出になられる。俵子(兵粮米)その他の準備を調えられたい。石田殿へは、去年金子50枚を用立てる約束をしていたが、まだ果たしていないので、それを今度済ますように仰った」と記されていま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/30 17:37
石田三成の実像1984  中野等氏「石田三成伝」57 三度目の奥州下向1
 中野等氏「石田三成伝」(吉川弘文館)の中で、前述したように、天正19年に「大名として10万石程度の領知を美国内に得つつ、近江国内の豊臣家蔵入地を支配する代官としての立場から佐和山城を預かっていた」と指摘されていますが、三成はそういう仕事に専念することもできず、奥州の争乱を鎮めるため3度目の奥州下向が命じられたことが記されています。  2度目の奥州下向から戻ってきたのが、2月中旬頃のことであり、それから4ヶ月程経った6月20日に秀吉が発した軍令に「相馬筋石田治部少輔被遣(つかわされ)候」と記... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/29 00:14
三成の実像1983 白峰旬氏「在京公家・僧侶などの日記における関ヶ原の戦い関係等の記載について」47
 白峰旬氏の「在京公家・僧侶などの日記における関ヶ原の戦い関係等の記載について」(別府大学史学研究会『史学論叢』第46号所載)の中で、その「時系列データベース」(慶長5年3月〜同年12月)がまとめられていますが、北政所が自分の居住する京都新城を破壊したという記事が、いくつかの日記の8月28日条から9月2日条にかけて記されていることを前述しました。その続きです。  「時慶記」の8月29日条には、次のような記載があります。  「南城(北政所がいる京都新城)の堀・石垣を壊す、とのことである。城(京... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/28 09:56
三成の実像1982 白峰旬氏「在京公家・僧侶などの日記における関ヶ原の戦い関係等の記載について」46
  白峰旬氏の「在京公家・僧侶などの日記における関ヶ原の戦い関係等の記載について」(別府大学史学研究会『史学論叢』第46号所載)の中で、その「時系列データベース」(慶長5年3月〜同年12月)がまとめられていますが、北政所が自分の居住する京都新城を破壊したという記事が、いくつかの日記の8月28日条から9月2日条にかけて記されています。  京都新城については、以前にも記したことがありますが、北政所が秀吉の死の翌年、大坂城西の丸から移り住んだところであり、御所の東南にあり、現在の仙洞御所の位置に当た... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/27 18:58
石田三成の実像1981  中野等氏「石田三成伝」56 「御前帳」「郡図」・秀吉が所望した脇差
 中野等氏「石田三成伝」(吉川弘文館)の中で、天正19年(1591)5月3日付の宮部継潤宛の豊臣氏四奉行連署状が取り上げられ、次のように解説されています。  「三成らは、大名の領知内容を『御前帳』『郡図』に仕立てて呈上するように命じている。『御前帳』という名辞は、貴人の御前に呈上される帳簿という意味だが、実体はいわゆる『検地帳』に擬せられる。奉行衆は別紙として『御帳之調様一紙』を用意すると述べている。これはいわゆるマニュアルの類であり、『御前帳』は全国統一の基準で調整されたことがわかる  こ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/26 10:02
三成の実像1980 白峰旬氏「在京公家・僧侶などの日記における関ヶ原の戦い関係等の記載について」44
  白峰旬氏の「在京公家・僧侶などの日記における関ヶ原の戦い関係等の記載について」(別府大学史学研究会『史学論叢』第46号所載)の中で、その「時系列データベース」(慶長5年3月〜同年12月)がまとめられていますが、「時慶記」の8月27日条には、次のような記載があります。  「小早川秀秋への注進の話として聞いた分は、伊勢安濃津城は降参し、(城)主(富田信高)は高野山に住む(ことになった)。松坂城はそのまま詫言が済んだ。(よって、伊勢方面の毛利家の)軍勢は手明きになり、尾張方面(家康方の諸将)は手... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/25 10:19
石田三成の実像1979  中野等氏「石田三成伝」55 三成の帰京と利休事件
 中野等氏「石田三成伝」(吉川弘文館)の中で、三成が奥州再下向から戻った時期について、2月4日の「政宗の上洛と前後して、三成も帰京を果たしたのであろう」と推定されています。  伊達政宗は、旧大崎・葛西領での一揆を扇動したとの疑いがかかったため、政宗と対立した蒲生氏郷と共に、真相糾明のため、都に呼び戻されます。この糾明の件に三成が関わったかどうかは明らかでありませんが、三成の在京が確認されることとして、中野氏の同書で挙げられているのは、「時慶記」の2月15日条に、「石田治部少輔本門へ一礼アリ」... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/24 00:05
三成の実像1978 白峰旬氏「在京公家・僧侶などの日記における関ヶ原の戦い関係等の記載について」43
 白峰旬氏の「在京公家・僧侶などの日記における関ヶ原の戦い関係等の記載について」(別府大学史学研究会『史学論叢』第46号所載)の中で、その「時系列データベース」(慶長5年3月〜同年12月)がまとめられていますが、「義演准后日記」の8月26日条には、次のような記載があります。  「佐和山城へ石田三成が帰陣して退却した、ということである。岐阜の城に雑説がある。鉄炮・玉薬(この『鐵放・玉藥』の記載は塗抹されている)(以下の文も塗抹されている)」と。  家康方に知られては都合の悪いことは、関ヶ原の戦... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/23 09:47
三成の実像1977 白峰旬氏「在京公家・僧侶などの日記における関ヶ原の戦い関係等の記載について」42
 昨日は祇園祭の宵山に行ってきましたが、フェイスブックの方で、写真を掲載して、その報告をし始めています。 よかっから、覗いてみてください。 https://www.facebook.com/toshiyuki.hisatomi.7?ref=brem  さて、白峰旬氏の「在京公家・僧侶などの日記における関ヶ原の戦い関係等の記載について」(別府大学史学研究会『史学論叢』第46号所載)の中で、その「時系列データベース」(慶長5年3月〜同年12月)がまとめられていますが、「義演准后日... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/22 10:42
石田三成の実像1976  中野等氏「石田三成伝」54 奥州仕置5 再下向
 中野等氏「石田三成伝」(吉川弘文館)の中で、奥州で一揆が勃発したことによって、三成が奥州へ再下向したことを示すものとして、「天正年中日々記」の天正18年12月26日条に次のような記載があることが挙げられています。  「島津義弘様御上洛。火急のこととて東国で一揆が勃発し、豊臣秀次殿・石田三成殿・増田長盛殿が出立されたことを聞かれ、御立ちになった。この日は大雪である」  悪天候の中、出立したことがうかかがえますが、前日の25日付の秀吉朱印状に、「三成は佐竹勢とともに『相馬口』の担当を命じられ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/21 10:16
三成の実像1975 白峰旬氏「在京公家・僧侶などの日記における関ヶ原の戦い関係等の記載について」41
 白峰旬氏の「在京公家・僧侶などの日記における関ヶ原の戦い関係等の記載について」(別府大学史学研究会『史学論叢』第46号所載)の中で、その「時系列データベース」(慶長5年3月〜同年12月)がまとめられていますが、「義演准后日記」の8月24日条には、次のような記載があります。  「丹後は一城(細川幽斎が城主の田辺城)(だけ)になった、ということである」と。  丹後田辺城についての記載は、前述したように、「時慶記」の8月15日条と17日条に、田辺城の和睦のことが記されていました。特に15日条には... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/20 10:14
三成の実像1974 白峰旬氏「在京公家・僧侶などの日記における関ヶ原の戦い関係等の記載について」40
白峰旬氏の「在京公家・僧侶などの日記における関ヶ原の戦い関係等の記載について」(別府大学史学研究会『史学論叢』第46号所載)の中で、その「時系列データベース」(慶長5年3月〜同年12月)がまとめられていますが、「義演准后日記」の8月22日条には、伊勢松坂城を攻めているということが記されていることは前述しました。  豊臣公儀方の伊勢方面軍の動きについて、光成準治氏の「関ヶ原前夜」(NHK出版)には、次のような記載があります。  「8月12日頃、ようやく秀元は伊勢方面へ出発し、15日には近江の土... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/19 10:03
三成の実像1973 白峰旬氏「在京公家・僧侶などの日記における関ヶ原の戦い関係等の記載について」39
 白峰旬氏の「在京公家・僧侶などの日記における関ヶ原の戦い関係等の記載について」(別府大学史学研究会『史学論叢』第46号所載)の中で、その「時系列データベース」(慶長5年3月〜同年12月)がまとめられていますが、「義演准后日記」の8月22日条には、次のような記載があります。  「(以下のことを)伝え聞いた。伊勢松坂城を京衆(豊臣公儀の軍勢)として攻めている、ということである。(伊勢松坂城の)城主は古田重勝である」と。  豊臣公儀方の伊勢口方面軍の動きについては、光成準治氏の「関ヶ原前夜」(N... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/18 10:16
三成の実像1972 白峰旬氏「在京公家・僧侶などの日記における関ヶ原の戦い関係等の記載について」38
 白峰旬氏の「在京公家・僧侶などの日記における関ヶ原の戦い関係等の記載について」(別府大学史学研究会『史学論叢』第46号所載)の中で、その「時系列データベース」(慶長5年3月〜同年12月)がまとめられていますが、「義演准后日記」の8月21日条には、次のような記載があります。  「織田信雄は尾張国を本国として(秀頼から)返され遣わす、とのことである。中院通勝・富小路秀直・八条宮智仁親王の(侍臣)大石甚介が、丹後国の拵(和睦)のことについて、大坂(城)の前田玄以のところへ行った、ということである」... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/17 10:34
三成の実像1971 白峰旬氏「在京公家・僧侶などの日記における関ヶ原の戦い関係等の記載について」37
 白峰旬氏の「在京公家・僧侶などの日記における関ヶ原の戦い関係等の記載について」(別府大学史学研究会『史学論叢』第46号所載)の中で、その「時系列データベース」(慶長5年3月〜同年12月)がまとめられていますが、「義演准后日記」の、秀吉の3回忌に当たる8月18日条には、次のような記載があります。  「豊国大明神の祭礼。豊国社の結縁灌頂を内々に執行するつもりであったが、天下は物騒なので、そのことはなく無念である」と。  ここでも「天下は物騒」という言い方がされており、特別な祭礼は行われなかった... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/16 10:04
三成の実像1970 白峰旬氏「在京公家・僧侶などの日記における関ヶ原の戦い関係等の記載について」36
 拙ブログでは、最近専ら、三成のことばかりを取り上げていますが、フェイスブックの方では、最近行ったところの写真も含めていろいろなことに触れてします(昨日は祇園祭の山鉾を見に行きました)ので、よろしければ、そちらの方もご覧ください。 https://www.facebook.com/toshiyuki.hisatomi.7 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/15 10:58
石田三成の実像1969  中野等氏「石田三成伝」53 奥州仕置4
 中野等氏「石田三成伝」(吉川弘文館)の中で、奥州仕置に関して、三成の家臣が発している「札」が取り上げられています。すなわち、天正18年(1590)9月15日付で増田長盛の奉行の永原平左衛門尉と山中藤太及び三成の奉行の滝本太郎左衛門尉が出したもので、この「札」について、中野氏は「『田中郷三ヶ村』に対する大山義景の支配を増田長盛と石田三成の奉行が認めたことを周知させるものと言え」、「こうした『札』発給の前提には、この地域の支配をめぐる紛争が想定され、増田長盛と三成の家臣がそこに裁定を下した」と解説... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/14 21:54
石田三成の実像1968 中野等氏「石田三成伝」52 奥州仕置3 岩城領検地2 
 中野等氏「石田三成伝」(吉川弘文館)の中で、岩城領の検地の結果、9月29日付で三成が岩城家中に発した書状が、取り上げられています。その書状についての中野氏の解説は次の通りです。  「岩城領検地の結果、知行地として認められるのは、事前に給人が指出(さしだし)として申請した高(たか)に限られ、秀吉の指示としてそれを越える出自の分は、能化丸の蔵入地として処理される。ただし、今年は暫定措置として、給人は本知高の三分の一にあたる年貢米を蔵入分として差し出すべきとする。納める期限の十月を過ぎると、差し出... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/13 10:25
石田三成の実像1967 中野等氏「石田三成伝」51 奥州仕置3 岩城領検地1 岩城家への「覚」
 中野等氏「石田三成伝」(吉川弘文館)の中で、天正18年(1590)8月16日付で岩城家中の白土(しらど)摂津守・好雪斎岡本顕逸(良哲)に充てて、増田長盛と三成が発した「覚」が取り上げられています。  この「覚」について中野氏の解説は次のようなものです。  「三成と増田長盛は、岩城家執政の両名に充て、岩城家のとるべき基本政策を提示した。蔵入地と給人知行は、常隆時代のままとし、蔵入地の支配にあたる代官衆には、所務算用の適正・明瞭化を促している。三ヵ条目の規定は、能化丸が佐竹家の出身であることに... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/12 11:22
石田三成の実像1966 中野等氏「石田三成伝」50 奥州仕置2 石川義宗宛書状 
 中野等氏「石田三成伝」(吉川弘文館)の中で、天正18年の石川義宗(次郎)宛の長谷川秀一・石田三成連署状が取り上げられています。義宗は、「陸奥石川郡の領主石川昭光の子」です。この連署状は、「収納年貢の三分の二を差し押さえ」ることを伝えるもので、こういう指示を記した秀吉朱印状の写が添えられていることが、この連署状の記載からわかります。  また人質のことについても、この連署状には記されています。すなわち、「そなたが母親を人質として白川へ差し送られるとの事、尤もに思う」「「もう一度、浅野長吉(浅弾少... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/11 10:15
石田三成の実像1965 中野等氏「石田三成伝」49 奥州仕置1 御制札御判銭控 
 中野等氏の「石田三成伝」(吉川弘文館)の中で、天正18年8月日付欠の三成宛の「御制札御判銭控」が記された秀吉朱印状が取り上げられています。  この書状の内容について、中野氏の解説は次の通りです。  「秀吉の軍勢に恭順する村々は、その姿勢を明確にするため、秀吉方の発する制札・禁制を、応分の費用を負担して入手しなければならない。この『御制札御判銭控』は、いわばその料金を公定したものである。対象となる在所は、その村位によって上・中・下に等級分けされ、判銭の拠出を命じられる。秀吉みずからが三成に対... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/10 10:22
石田三成の実像1964 中野等氏「石田三成伝」48 岩城家の相続問題
 中野等氏「石田三成伝」(吉川弘文館)の中で、三成は忍城を天正18年(1590)7月16日に開城させた後、25日には宇都宮にいたことが指摘されています。すなわち、この日、「鹿島社の大宮司則興に社領において乱妨狼藉を行なう者は罪科に処す旨の文書を手交する」と。秀吉が宇都宮に着いたのは、7月26日のことですから、三成は先に着いていたことになりますが、中野氏の同書では、「三成は、北上する秀吉の本隊に合流し」たと記されています。  岩城家の相続問題に関しても、三成が関わっていたことが中野氏の同書で述べ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/09 11:18
三成の実像1963 白峰旬氏「在京公家・僧侶などの日記における関ヶ原の戦い関係等の記載について」34
白峰旬氏の「在京公家・僧侶などの日記における関ヶ原の戦い関係等の記載について」(別府大学史学研究会『史学論叢』第46号所載)の中で、その「時系列データベース」(慶長5年3月〜同年12月)がまとめられていますが、「時慶記」の8月14日条には、次のような記載があります。  「西洞院時慶に対して、前田玄以からは返書があったが、増田長盛からは取り紛れのため一報はない。西洞院時慶から安国寺恵瓊へ書状を遣わす」と。  ここでも恵瓊の名が出てきていますが、恵瓊はやはり「時慶記」に記載がある8月11日から... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/08 10:59
三成の実像1962 白峰旬氏「在京公家・僧侶などの日記における関ヶ原の戦い関係等の記載について」33
 白峰旬氏の「在京公家・僧侶などの日記における関ヶ原の戦い関係等の記載について」(別府大学史学研究会『史学論叢』第46号所載)の中で、その「時系列データベース」(慶長5年3月〜同年12月)がまとめられていますが、「時慶記」の8月11日条には次のような記載があります。  「西洞院時慶から豊臣秀頼・毛利輝元・前田玄以・増田長盛へ祖神への祈念の祓礼を遣わした。西洞院時慶から前田玄以・安国寺恵瓊等へ書状を遣わした」と。  この記載について、白峰氏の解説は次の通りです。  「このことから8月11日の... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/07 11:01
三成の実像1961 白峰旬氏「在京公家・僧侶などの日記における関ヶ原の戦い関係等の記載について」32
 白峰旬氏の「在京公家・僧侶などの日記における関ヶ原の戦い関係等の記載について」(別府大学史学研究会『史学論叢』第46号所載)の中で、その「時系列データベース」(慶長5年3月〜同年12月)がまとめられていますが、「義演准后日記」の8月10日条には次のような記載があります。  「大坂城の火事消除の祈祷のことを(秀頼から義演に対して)命じられ、施物として黄金10両を賜った」と。  「義演准后日記」の8月11日条には、引き続いて次のような記載があります。  「義演の大坂(城)の火災(消除)の祈祷... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/06 10:23
三成の実像1960 白峰旬氏「在京公家・僧侶などの日記における関ヶ原の戦い関係等の記載について」31
 白峰旬氏の「在京公家・僧侶などの日記における関ヶ原の戦い関係等の記載について」(別府大学史学研究会『史学論叢』第46号所載)の中で、その「時系列データベース」(慶長5年3月〜同年12月)がまとめられていますが、「言経卿記」の8月8日条には次のような記載があります。  「夜番を申し付けた。(その理由は)この度は世上が物騒なためである」と。  この時期、京、大坂の町の様子は落ち着いていましたが、豊臣公儀方の諸将は、それぞれの方面に出陣しようとしており、実際、同日付の「義演准后日記」には大聖寺城... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/05 10:09
三成の実像1959 白峰旬氏「在京公家・僧侶などの日記における関ヶ原の戦い関係等の記載について」30
 白峰旬氏の「在京公家・僧侶などの日記における関ヶ原の戦い関係等の記載について」(別府大学史学研究会『史学論叢』第46号所載)の中で、その「時系列データベース」(慶長5年3月〜同年12月)がまとめられていますが、「義演准后日記」の8月7日条には次のような記載があります。  「豊臣秀頼の御所御祈りとして、大般若経の真読を来る(8月)10日より執行すべき旨の御使い(義演のところへ来た)。(これは)天下静謐、(秀頼の)御武運長久の(ための)御祈りである」と。  この記載についての、白峰氏の解説は次... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/04 10:02
三成の実像1958 白峰旬氏「在京公家・僧侶などの日記における関ヶ原の戦い関係等の記載について」29
 白峰旬氏の「在京公家・僧侶などの日記における関ヶ原の戦い関係等の記載について」(別府大学史学研究会『史学論叢』第46号所載)の中で、その「時系列データベース」(慶長5年3月〜同年12月)がまとめられていますが、「義演准后日記」の8月5日条には次のような記載があります。  「毛利(家)内の安国寺恵瓊が尾張へ1000人ばかりで出陣した、ということである。(安国寺恵瓊は)当郷(醍醐)を通った。長束正家は伊勢口へ出陣した、ということである。石田三成は本城である佐和山(城)へ行った、ということである。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/03 10:20
三成の実像1957 白峰旬氏「在京公家・僧侶などの日記における関ヶ原の戦い関係等の記載について」28
 白峰旬氏の「在京公家・僧侶などの日記における関ヶ原の戦い関係等の記載について」(別府大学史学研究会『史学論叢』第46号所載)の中で、その「時系列データベース」(慶長5年3月〜同年12月)がまとめられていますが、「義演准后日記」の8月4日条には次のような記載があります。  「家康の上洛は、なかなかなし難い旨の風聞がある。近日、出陣衆(上杉討伐に出陣した上方の大名という意味)は帰ってくる、ということである。伏見城の奉行である石田正澄・新庄直定は金銀を炭の中から掘り出している、ということである。或... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/02 10:11
三成の実像1596 美術探訪12 「海北友松展」14「月下渓流図屏風」 三成らへの思い
 「海北友松展」の「第十章 豊かな詩情ー友松画の到達点ー」に展示されていたのは、60年ぶりに里帰りしたアメリカのネルソン・アトキンズ美術館が所蔵している「月下渓流図屏風」でした。確かに、深みのある風趣に富む作品であり、友松がたどり着いた世界を感じることができました。  この絵について、図録には次のように要領よく記されています。  「淡い月明かりに照らされてシルエット風に浮かび上がる、もやに煙る渓谷。渓流の周囲には梅や椿、愛らしい土筆や蒲公英、菫などが見える。清楚な白い梅花からは、上品でほのか... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/07/01 10:29

<<  2017年7月のブログ記事  >> 

トップへ

関ヶ原の残党、石田世一の文学館 2017年7月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる