映画探訪15 「連作短歌・リトルマーメイドと人魚姫」

 これも以前ブログで取り上げたディズニー映画「リトル・マーメイド」とアンデルセンの童話「人魚姫」との比較を題材にして、連作短歌にしたものです。
 人魚姫の話は西洋特有の話であるらしく、中国や日本では人魚の話は出てくるものの、姫とはほとんど無縁なようです。ただ、一部の書物には人魚を美女と書かれたものも存在します。
 日本や中国では、顔だけが人であり、体は魚であるという、いわゆる怪獣的な捉え方をされてきました。人魚が現れると良い兆しだとも悪い兆しだとも、両方の見方が示されており、はっきりしません。「古今著聞集」には、浦人が人魚を食べた話が載っていますが、味は魚と変わりなく、異常なことも起こらなかったと書かれています。もっとも、書物によっては、人魚を食べたために、長寿が得られたという話も伝わっており、霊験あらたかな存在だと考えられてきた地方もありました。しかし、少なくとも、人魚姫のロマンスのような話は日本や中国には見られないようです。

 北欧の悲しき人魚姫の話ディズニー映画はハッピーエンドにす

 魔女退治したる王子と人魚姫の結ばれ善悪の話に替はる

 王子に愛告げられぬまま泡と消ゆ元の話は哀れに暗し

 王子を刺し殺さば人魚に戻らるるに愛ゆゑできぬヒロインの苦悩

 歩くたび足の疼きて口きけぬ乙女になれる人魚姫痛まし

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック