関ヶ原の残党、石田世一の文学館

アクセスカウンタ

zoom RSS フランス文学探訪99 サガン「ブラームスはお好き?」2 恋人の浮気心は改まらず、主人公も孤独のまま

<<   作成日時 : 2019/05/14 21:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ポールとシモンは一緒に暮らすようになりますが、ポールはロジェのことが忘れられません。それに周囲の者の目も気になります。ポールが若い男と付き合っていることで、人から嫌味を言われ、傷つきますし、こんな関係がいつまで続くのかと将来に対して不安を覚えます。ロジェも付き合っている映画女優からシェリー(いとしい人)と呼びかけられ、相手にそう呼ばれる筋合いはないと怒り出す始末です。映画女優との関係が一時的なもので、自分が本当にいとしいと思っているのはポールだと気づくのです。
 ポールとロジェはそれぞれがカップルで来ている時に出くわし、それをきっかけに、ポールはロジェとのよりを戻すのです。シモンがポールの元を去ってゆく時、ポールは「シモン、私はもうお婆さんなの」と呼びかけますが、彼の耳には届きません。ロジェが来るのを待っていたポールのところにロジェが電話してきます。用事が出来たから、行くのが遅くなるという、昔から何度となく繰り返されてきた言い訳です。
 小説はそこで終わりますが、ロジェの浮気心は改まらないことを暗示したラストです。ポールは前と同じように、孤独と寂しさを味わわされることになるのでしょう。
(2004年02月29日 公開)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
フランス文学探訪99 サガン「ブラームスはお好き?」2 恋人の浮気心は改まらず、主人公も孤独のまま  関ヶ原の残党、石田世一の文学館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる