京都探訪303 「開晴亭」のランチ・一口カレー・パンは「進々堂」のもの

 京都コンサートホールでのコンサートは午前中だったので、その後、近くの北山通の「開晴亭」に夫婦で入り昼食を取りました。以前も訪ねたのですが、満員で待っている人も多いため諦めました。今回は時間が少し遅めだったせいか、すぐに入れました。
 DSCN8096.JPGDSCN8097.JPGDSCN8098.JPGDSCN8099.JPGDSCN8100.JPGリーズナブルなランチを食べましたが、アミューズ(ワカサギのエスカベッシュ【洋風南蛮漬け】)、マッシュルームのスープ、広島産カキフライ(メインは数種類から選ぶようになっていました)、一口カレーライス(こういう料理は初めてでした)、コーヒー。パンもおいしいと思っていたら、近くにある「進々堂」のものでした。あまりにおいしく、パンのおかわりをしました。
 DSCN8102.JPG コンサートのチケット半券持参で、ソフトドリンクのサービスがあり、オレンジジュースを頼みました。
 われわれと同じように、コンサート帰りの客も多く、コンサートについての話がいろいろ飛び交っていました。
 「開晴亭」は明治43年創業のフレンチレストランです。
 京都コンサートホールのコンサートによく行くようになってから、北山通は馴染みのところとなりましたが、学生時代はほとんど行ったことはありませんでした。植物園に市電で行ったのが唯一の例外でした。当時から北山通はお洒落なところで、学生にはほとんど縁のないところでした。私の学生時代の生活範囲の北限は一乗寺近辺でした。 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント