酒樽を割るのは、「鏡開き」ではなく、「鏡抜き」 大阪探訪145 元日は白みそ仕立て、二日目以降はすまし仕立ての雑煮

樽を割って出演者がみなで分け合って飲む場面が、正月番組でよく出てきていましたが、それを「鏡開き」や「鏡割り」と呼ぶのは、本来間違いだということを、毎日放送の番組「コトノハ図鑑」で明らかにされていました。「鏡開き」や「鏡割り」は、鏡餅を割る時に使用する言葉で(「鏡割り」というのは縁起が悪いので、専ら「鏡開き」と呼ばれています)、酒樽を割る…
コメント:0

続きを読むread more