阪神タイガース雑記13 1985年、日本一になった日とその時の日記の記述、同僚たちとの二度の祝勝会

 阪神が日本一になった1985年11月2日のことも忘れられない日です。この日は土曜日で、当時、大阪府立住吉高校に勤務していましたが、学校は昼まででした。午後から日本シリーズ第6戦が行われ、社会科の部屋のテレビで見ていました。試合の経過及びその時の様子について、当時の日記には、次のように記しています。
 「日本シリーズは阪神が初回いきなり長崎が満塁ホームランで優位に立ち、その後も真弓のホームラン、掛布の2ランで着々と得点し、投げてはゲールが完投し、9対3で楽勝。初の日本一になった。一緒に見ていたM、O、H、Iさん(住吉高校の同僚)と喜びを分かちあう」などと。
 奇しくも、この夜は、私のマンションで前任校の茨田高校の同僚4人とすき焼きを囲んで宴会を催すことになっていました。むろん、日本一のことも話題にのぼりましたが、その時はそれぞれ別の高校で勤務しており、久しぶりの再会だったため、互いの学校の状況や近況などを告げ合うことが主になりました。10時半まで飲み会は続き、夜中、タイガース日本一の特別番組を見ながら、二時になってようやく就寝しています。
 住吉高校の同僚たちとの日本一祝勝会は、改めて7日に私の都島区のマンションで行ないました。この時は6人が集まり、鍋を囲みながら、日本一決定の日を扱ったドキュメンタリー番組などやビデオを見て、感激を新たにしました。セリーグ優勝の時の同僚たちとの祝勝会は、すでに10月24日に、やはり私のマンションで行ない、この時の参加者は5名でした。微妙にメンバーは違っています。
 まだ独身の頃で、私のマンションには大学時代の友達がよく来て、泊まることもありました。ちなみに、結婚したのは、この年の12月ですが、夏に式場を予約し、新婚旅行をヨーロッパに決め、11月7日に日本一祝勝会を行う前に、府庁そばの旅券発行所へ行って、パスポートの申請を行っています。ちなみに、この日は実力テスト中で、午前中でした。阪神快進撃と共に、自分の結婚も準備が着々と進んでおり、そういう意味でもこの年は特別でした。
 DSCN9179.JPG 
 写真は2003年に阪神が優勝する直前に発行された本で、その年の活躍と、1985年に優勝した時の軌跡を特集したものです。懐かしい写真や当時のデータがいろいろと掲載されています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント