石田三成の実像2905 白峰旬氏編著「関ヶ原大乱、本当の勝者」9 水野伍貴氏「徳川家康の戦い」7 前田利長を標的に…

 白峰旬氏編著「関ヶ原大乱、本当の勝者」(朝日新書)の水野伍貴氏の「徳川家康の戦い」の中で、家康が「大老衆の排斥において、家康が最初の標的としたのは前田利長であった」と記されていますが、その背景として、「三成の失脚後、毛利・四奉行連合は事実上解体。増田長盛ら奉行衆は家康に協力的な立場をとり、毛利輝元も閏3月21日に家康と誓紙を交わして…
コメント:0

続きを読むread more