韓国ドラマ探訪307 「SKYキャッスル〜上流階級の妻たち〜」受験社会や上流階級の独善的な考え方に対する批判・漢字が読めず恥をかく教授・韓国における漢字文化の衰退

韓国の受験戦争の激しさは、日本以上だと言われますが、そのことがよくうかがえる韓ドラに「SKYキャッスル〜上流階級の妻たち〜」があります。「SKYキャッスル」は高級住宅街の名前ですが、ここに住む医者や教授らの夫妻が、自分の子供たちをソウル大学に合格させようと躍起になる物語です。各家庭の抱える問題や、入試コーディネーターの正体が次第に明らかになってゆき、受験社会や上流階級の独善的な考え方に対する批判がされています。
 今の日本でもそうですが、受験社会の大きな弊害は、大学が序列化され有名大学に入ることだけが自己目的化していること、また知識偏重の試験内容になっていることです。入試勉強に力を使い果たして、大学で燃え尽きてしまったり遊んでしまったりする学生も少なくありません。むろん、最低限の学力は必要ですが、過度な受験競争によって、学力以外の大事なものが育っていない気がして仕方がありません。受験のあり方を根本的に考え直すべきだと思っています。
 「SKYキャッスル〜上流階級の妻たち〜」の中で、ソウル大学出身の教授が、漢字が読めなくて恥をかく場面がありました。その教授は入試に漢字は出ないから勉強しなかったと言い訳していましたが、実際そうなのでしょうか。入試はすべてハングル文字で、漢字の書き取りのような問題は出ないのでしょうか。2002年に韓国に行った時には、町の看板などにハングル文字に交じって漢字の表示もあちらこちらで見られたのですが、昨年行った時には、漢字表示は随分減ったと感じました。
DSCN9934.JPG もっとも、地下鉄の駅名の表示には、一番下に漢字表記がされていました。人名も漢字表記があると思うのですが。韓国の漢字文化がどんどん衰退してきている背景として、反日政策があるということも聞いていますが、寂しい気がします。
 DSCN9948.JPG 日本人観光客用に、日本語表記もされている店はあります。写真は、菓子のホットクを売る店を撮ったものですが、日本語表記もありました。倭城ガイドの日本人に案内してもらいました。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント