大阪探訪46 備前島があったあたりを散策5 大坂冬の陣では徳川方が大砲を放つ・リニューアル工事中の藤田美術館・「曜変天目茶碗」を所蔵

備前島は、大坂冬の陣の際、徳川方が大砲を据えて、大坂城に砲撃を加えたところです。砲撃は四日間にわたって行われ、そのうちの一発が城の一部を破壊し、淀殿の侍女七、八人が亡くなりました。豊臣側はこれに恐れをなして、和平に応じました。豊臣政権を支えた宇喜多秀家や石田三成の屋敷があった備前島(大坂城の北の守りを固めていました)から、徳川方が豊臣家に向けて大砲を放つことになったのはなんとも皮肉なことです。しかも、豊臣方と徳川方が一度は和平をむすんだものの、堀が埋めたてられたために、大坂城が裸城になり、結局、夏の陣で豊臣家が滅ぶことにつながりました。
 DSCN9888.JPGDSCN9889.JPGDSCN9892.JPG 備前島があったあたりに、明治時代に藤田邸が建てられ、その跡地に藤田家が収集したコレクションなどを展示する藤田美術館が作られましたが、今は近代的な美術館に生まれ変わるべく、リ二ューアル工事中で、オープンしたら見に行きたいと思っています。収蔵品で是非とも見たいと思っているのが、国宝の「曜変天目茶碗」です。30年程前に、テレビで紹介された時、そのなんとも云えぬ、美しく妖しい輝きに目を奪われました。
 DSCN9893.JPG 藤田美術館と藤田邸跡公園の間に、JR東西線の大阪城北詰駅の入口があります。京橋から一駅で、今回は歩きましたが、東西線を利用したら短時間で行けます。京橋から尼崎方面に行くのも、東西線に乗れば、時間が短縮できて便利です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント