石田三成の実像2950 白峰旬氏「『戦功覚書』としての『本城惣右衛門覚書』(その1)ー本城惣右衛門は下級武士なのか…

 白峰旬氏の「『戦功覚書』としての『本城惣右衛門覚書』(その1)ー本城惣右衛門は下級武士なのかー」(別府大学大学院紀要)の中で、本城惣右衛門は、天正9年の明智光秀方による山家城攻めに、明智方の一員として戦ったことが記されていますが、この戦いの記述について次のように解説されています。  「丹波国天田郡(何鹿【いかるが】郡ヵ)の山家【やま…
コメント:0

続きを読むread more