旅行記241 35年前の12日間の新婚旅行4 パリのデバートで買物・ローマ空港に着いた前日にテロ事件・コロッセオでツアーの全体写真

 新婚旅行は、パリに2泊した後、12月28日、夕方の飛行機でローマに行きました。ドゴール空港から2時間のフライトでした。ちなみに、スペインからフランスに入国する時は、オルリー空港からでしたが、その5年前に友達とフランスに入国したのもオルリー空港でした。
 DSCN0257.JPG その日の午前中はパリで自由行動だったので、地下鉄でデパート「プランタン」へ行って、土産物を買いましたが、いろいろ見て回った末、買ったのは甥と姪用のジグソーパズルと車のミニチュアだけでした。「プランタン」はその5年前にも訪ねていますが、屋上からのパリの町並みも楽しみました。
 ローマ空港に着いた時、心が凍り付いたようになったのは、その前日にローマ空港がテロリストの襲撃に遭って爆破され、十数名の死者が出たということを聞かされた時でした。空港は落ち着きを取り戻していたものの、一日早いスケジュールだったら、自分たちも犠牲になっていたかもしれないと思うと、ぞっとしました。旅にハプニングはよくあることですが、この後もいろいろと予想外のことが起こりました。
 DSCN0222.JPGDSCN0223.JPG
 ローマのホテルはテルミニ駅の近くでした。翌29日は朝からローマを市内観光しましたが、午前中はトレビの泉、パンテオン、バチカン市国のサンピエトロ大聖堂、午後はコロッセオ、カタコンベ(地下墳墓)などを回りました。ツァー旅行なので、途中、ガラス細工の店などにも連れて行かれました。コロッセオの前で全体写真を撮りましたが、ツァー客は全員が夫婦で、ほとんどが新婚でした。添乗員の人は夫婦ばかり、しかも大半が新婚というのは珍しいとおっしゃっていましたが、あれから35年、みなさん、どうされているのでしょうか。この日の夕食は付いていなかったので、ホテル近くの「ピッツェリア」の店に入りましたが、同じツァーの夫婦と一緒になり、四人でテーブルを囲みました。なごやかな雰囲気だったことは覚えていますが、どんな話をしたかはよく覚えていません。日本語のメニューがあり不自由しませんでしたが、日本人の客がいかに多いのかがうかがえました。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント