旅行記242 35年前の12日間の新婚旅行5 ストで飛行機が飛ばずローマ市内に戻って自由行動・スペイン広場などを回る・アテネ空港のロビーで夜中を過ごす・子供達が正月の音楽を流してうろつき回る

 新婚旅行の際、12月30日はホテルに泊まれず、アテネ空港で夜中を過ごすはめになりまた。本来は、ローマから飛行機でアテネ経由でロードス島に向かう予定でしたが、アテネ空港の従業員ストのあおりを受けて、予定の飛行機が飛ばなくなりました。一旦、ローマ空港にバスで向かいましたが、すぐに飛ぶ別の飛行機は見つからず、夜10時半に離陸するカンタス航空の飛行機(ストに関係なく飛ぶ例外的な航空会社でした)をかろうじてつかまえることができました。その間、時間ができたので、再びローマ市内に戻り、夜7時までの自由行動になりました。自分たちは地下鉄に乗り、スペイン広場、コンドッティ通り、コルソ通り、ポポロ広場などを廻り、「ローマ三越」で買物をしました。ピノキオの人形はその時に買ったものの一つです。
 DSCN9693.JPGDSCN0261.JPG
 スペイン広場は、オードリー・ヘップバーン主演の映画「ローマの休日」のロケ地として一躍有名になりましたが、ツアーでは回っていなかったので、行くことができたのは、嬉しいことでした。ツアーで回ったロケ地としては、トレビの泉、パンテオン、フォロ・ロマ-ノなどがありました。同じくロケ地になった、真実の口、サンタンジェロ城などは2000年に家族でイタリアへ行った時に回りました。
 新婚旅行の自由行動では、ポポロ広場のそばの喫茶店「ロザ-ティ」に入り、カプチーノを飲んで、その味と店の雰囲気を堪能しました。
 アテネ空港に着いたのが深夜の1時半、ロードス島行きの飛行機に乗ったのが朝の5時40分でした。それまで空港のロビーで過ごしましたが、現地の子供たちが正月の音楽を大音量で流しながらお年玉を求めて歩き回ってくるので、ほとんど眠れませんでした。この時の音楽が何年か頭にこびりついて離れませんでしたが、今ではすっかり忘れています。当時は帰国してからそのアテネの音楽を探してレコード店を見て回ったのですが、探し出せませんでした。今聴けば、当時の音楽の記憶がよみがえってくるかもしれませんが。本来は、この日の夜はロードス島のホテルに泊まっているはずでしたが、とんだ夜になりました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント