旅行記243 35年前の12日間の新婚旅行6 大晦日の朝、ロードス島に着き、昼まで寝る・午後はリンドス遺跡見学・レストランで新年を迎える

 35年前の大晦日、アテネ空港のロビーで夜中4時間近く過ごしましたが、ほとんど眠れず、ロードス島に向かう早朝の5時40分発の飛行機の中で、ようやく1時間近く寝ました。ホテルに着くと、早速、朝食を取りましたが、ツアー客みんなしんどそうでした。その後、2時間半程、部屋で寝ましたが、完全な寝不足状態でした。
DSCN0309.JPGDSCN0308.JPGDSCN0311.JPG 疲れている中、1時に集合し、ホテルで羊の串焼きの昼食を取った後、2時半、リンドスの遺跡を見学にバスで出発しました。リンドスの遺跡は、アクロポリスの丘の上にあり、神殿や要塞の跡が残っています。古代ギリシャ・ローマ時代からオスマン帝国の時代までの長い歴史があります。丘の上からの眺めはよく、エーゲ海も目の前に広がっています。麓には、白い町並みが広がり、その景観もすばらしいものでした。町中も歩きました。ホテルに戻ったのは6時でした。
 DSCN0310.JPG 夕食は9時45分からで、バンド演奏付きでしたが、新年のカウントダウンはありませんでした。年が改まった時はあちらこちらから歓声が上がり、ダンスを始めるカップルもいましたが、われわれは踊れないので、見ているだけでした。舞踏団も登場し、パーティーはまだまだ続きそうな雰囲気でしたが、われわれは1時前に部屋に引き上げました。長い一日になった大晦日でしたが、若い時だから、こういうハードスケジュールもこなせたように思います。外国で新年を迎えたのは今のところこの時だけで、これからもそういう機会があるかどうかはわかりません。しかし、ロードス島で新年を迎えたのは、生涯の思い出になりました。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント