大河ドラマ探訪474 「青天を衝け」 家康遺訓とされる「人の一生は重荷を負て遠き道をゆくが如し」は水戸光圀作という…

 大河ドラマ「青天を衝け」で、家康の「御遺訓」とされる「人の一生は重荷を負て遠き道をゆくが如し」という言葉が出ていました。私もこれは家康自身の言葉だと長い間思ってきましたし、自分が書いた文章でもこの言葉を引用した覚えがあります。しかし、2004年6月5日付の朝日新聞土曜版の「ことばの旅人」の記事の中で、そうではないということが明らかにさ…
コメント:0

続きを読むread more