アニメ映画「風立ちぬ」に出てくるヴァレリーの詩 日本文学探訪130 堀辰雄の原作小説で「いざ生きめやも」と訳された…

 アニメ映画「風立ちぬ」は、堀辰雄の小説「風立ちぬ」の話と、飛行機を開発することに情熱を注いだ堀越二郎の話を合体させたものですが、映画では二郎と菜穂子との最初の出会いの場面に、ポール・ヴァレリーの詩の一節が使われています。風が吹いて、二郞の帽子が飛んだのを奈穂子がつかんだ時、菜穂子がフランス語で「風が立つ」と言い、二郎はそれを受けてフラ…
コメント:0

続きを読むread more