石田三成の実像3126 白峰旬氏編著「関ヶ原大乱、本当の勝者」138 中西豪氏「鍋島直茂の戦い」10 関ヶ原の戦い…

 白峰旬氏編著「関ヶ原大乱、本当の勝者」(朝日新書)の、中西豪氏の「鍋島直茂の戦い」の中で、関ヶ原の戦い後の国許の直茂について、次のように記されています。  「関ヶ原本戦での東軍大勝利の報が届いて以降も、勝茂の西軍加担の罪で龍造寺家が公儀の征伐を受けるか赦免されるか、それが確定するまでは直茂は在国する西軍方諸大名や留守居の家臣と連携し…
コメント:0

続きを読むread more

大阪府立茨田高校の元同僚との京都散策4 茨田高校の閉校を知った衝撃と寂しさ・かつての五条通は今の松原通・五条大橋で…

 2年ぶりに大阪府立茨田高校の元同僚と会って、茨田高校が令和7年に閉校になるという話を初めて聞きました。宇治に住んでいると、大阪の学校の情報はあまり入ってこないので、全く知りませんでした。今回会ったメンバーは、開校した初年度か2年目に赴任した者ばかりで、しかもみんな新卒でしたから、それぞれ特別な思いがありますし、私もそれを聞いた時にはシ…
コメント:2

続きを読むread more

石田三成の実像3125 白峰旬氏編著「関ヶ原大乱、本当の勝者」137 中西豪氏「鍋島直茂の戦い」9 直茂の苦悩2 …

 白峰旬氏編著「関ヶ原大乱、本当の勝者」(朝日新書)の、中西豪氏の「鍋島直茂の戦い」の中で、関ヶ原の戦い前の国許にいる直茂の苦悩について、次のように記されています。  直茂は「9月10日付の書状で、家康与党として挙兵することを伝えてきたとおぼしい黒田如水に対して、今後は書状を出さない、すなわち断交を宣言したのである。ただし追而書に、言…
コメント:0

続きを読むread more

大阪府立茨田高校の元同僚との京都散策3 六波羅蜜寺・宝物館の空也上人像、平清正像、運慶像、湛慶像、井伊直政像

 茨田高校の元同僚たちと六波羅蜜寺まで足を延ばしましたが、夕食まで時間があったことと、有名な空也上人像を見たかったのと、元同僚のAさんが六波羅蜜寺の隣の六原小学校の出身で、六波羅蜜寺の境内を小さい頃遊び場にしていた懐かしい場所であったことなどもあって、拝観しに行きました。Aさんは境内や周囲の様子は当時とは随分違っていると言います。六…
コメント:0

続きを読むread more

石田三成の実像3124 白峰旬氏編著「関ヶ原大乱、本当の勝者」136 中西豪氏「鍋島直茂の戦い」8 国許にいる直茂…

 白峰旬氏編著「関ヶ原大乱、本当の勝者」(朝日新書)の、中西豪氏の「鍋島直茂の戦い」の中で、関ヶ原の戦い前の国許にいる直茂の苦悩について、次のように記されています。  「勝茂からは(おそらくは西軍方の軍役規定に不足分の)人数・弓・鉄砲を上方に送るようにとの催促が来る。また、奉行衆や安国寺恵瓊 からは直茂自身が軍勢を率いて上坂するよう…
コメント:0

続きを読むread more

大阪府立茨田高校の元同僚との京都散策2 狭くなった方広寺・大仏と大仏殿の悲哀の歴史・遺構が発見された大仏殿跡緑地公園

 豊国神社からそのすぐ北隣の方広寺を訪ね、大坂の陣のきっかけとなった、梵鐘の銘文の「国家安康」「君臣豊楽」の部分(そこだけ白色で四角く字が囲まれています)を見ました。本堂は公開されていませんでしたが、当時の大仏の10分の1のレプリカが安置されています。今の方広寺の境内は狭くなっていますが、かつては今の豊国神社から京都国立博物館、さらには…
コメント:0

続きを読むread more

石田三成の実像3123 白峰旬氏編著「関ヶ原大乱、本当の勝者」135 中西豪氏「鍋島直茂の戦い」7 敗戦後の勝茂は…

 白峰旬氏編著「関ヶ原大乱、本当の勝者」(朝日新書)の、中西豪氏の「鍋島直茂の戦い」の中で、関ヶ原の戦いの敗戦を知った勝茂の動きについて、次のように記されています。  「勝茂は、澎湃として起こる落ち武者狩りに悩まされながら大坂に引き揚げた。壮絶な敵中突破の末に和泉堺にたどり着き、海路帰国しようとした島津義弘は勝茂に使者を遣わして同行を…
コメント:0

続きを読むread more

大阪府立茨田高校の元同僚との京都散策1 正面通から耳塚、豊国神社へ かつて秀吉が建てた方広寺大仏殿があった場所

 9月30日、大阪府立茨田高校の元同僚3人と京阪七条駅で待ち合わせして、一緒に耳塚、豊国神社、方広寺、大仏殿跡緑地公園、六波羅蜜寺などを回ってきました。コロナ禍でなかなか会えず、ほぼ2年ぶりの再会でした。案内役は私が務めました。  まず正面通から東に真正面に見える豊国神社まで歩きましたが、その手前の右側(南側)に耳塚があります。耳塚は…
コメント:0

続きを読むread more

石田三成の実像3122 白峰旬氏編著「関ヶ原大乱、本当の勝者」134 中西豪氏「鍋島直茂の戦い」6 美濃方面に転進…

 白峰旬氏編著「関ヶ原大乱、本当の勝者」(朝日新書)の、中西豪氏の「鍋島直茂の戦い」の中で、関ヶ原大乱の際、豊臣公儀方に付いた勝茂・龍造寺軍の伊勢方面の動きについて、次のように記されています。  「龍造寺軍は毛利秀元、吉川広家らとともに伊勢方面を経略、阿濃津城・松阪城を攻略した。これにて伊勢方面はほぼ平定されたのだが、東軍が予想外の積…
コメント:0

続きを読むread more

旅行記266 初めての海外への家族旅行(1996年) マカオ・香港2 2日目の午前中にマカオ観光・中国返還前のマカ…

  マカオ・香港旅行2日目は、泊まったマカオのホテルでバイキングの朝食を取った後、午前中マカオを回りました。まず中国との国境にある門の前へ行きました。当時、マカオはポルトガル領でした。こちら側のポールには、ポルトガルの国旗が、向こう側のポールには中国の国旗がはためいていました。  モンテの砦(17世紀イエズス会によって作られた要塞)、…
コメント:0

続きを読むread more

石田三成の実像3121 白峰旬氏編著「関ヶ原大乱、本当の勝者」133 中西豪氏「鍋島直茂の戦い」5 勝茂・龍造寺軍…

 白峰旬氏編著「関ヶ原大乱、本当の勝者」(朝日新書)の、中西豪氏の「鍋島直茂の戦い」の中で、関ヶ原大乱の際、豊臣公儀方に付いた勝茂・龍造寺軍の動きについて、次のように記されています。  「龍造寺軍の兵力は約7000。西軍では100石3人役を課したようで、当時の龍造寺家の石高30万9900石にしてはやや少なく、事実、勝茂は2000の増派…
コメント:0

続きを読むread more