日本文学探訪131 若山牧水の歌1「白鳥は哀しからずや空の青海のあをにも染まずただよふ」の解釈をめぐって1・白鳥=…

 朝日新聞の「天声人語」に、若山牧水の歌が四首紹介されていました。いずれも年上の人妻である小枝子さんに恋をしていたときに詠まれたもので、牧水の評伝を書いた俵万智さんの解釈に基づいて記事が書かれていましたが、次の歌の解釈に疑問を感じました。    白鳥(しらとり)は哀しからずや空の青海のあをにも染まずただよふ    歌意は「白い鳥…
コメント:0

続きを読むread more