石田三成の実像3161  白峰旬氏の「『小山評定』論争の最前線ー家康宇都宮在陣説を中心にー」3「7月29日付大関資…

 白峰旬氏の「『小山評定』論争の最前線ー家康宇都宮在陣説を中心にー」(『史学論叢』第51号所載)で、まず「7月29日付大関資増宛浅野幸長書状」が取り上げられ、その内容解釈を、拙ブログで紹介していますが、その続きです。  「我等儀、此間宇都宮二在之候へ共」という部分について、「『我等』とは『私』=浅野幸長であるので、浅野幸長は『此間』(…
コメント:0

続きを読むread more