京都探訪339 東福寺3 光明院の主庭「波心亭」も重森三玲の作庭・2階からの眺めも格別

  19日、東福寺の南にある、塔頭の光明院も拝観しました。光明院が創建されたのは室町時代初期です。山門を入ったところにある、前庭の木も紅葉していました。奥に「摩利支尊天」が祀られています。   光明院の主庭「波心亭」を作ったのは、東福寺の方丈庭園と同じく重森三玲です。規模の大きな枯山水庭園で、大海を表す白砂に、立石が立ち並んでいますが…
コメント:0

続きを読むread more