西大寺で巻雲短歌会会誌の次号編集の打ち合わせ・安倍元首相銃撃事件の現場・西大寺の紅葉

 16日、西大寺駅前の喫茶店で、巻雲短歌会会誌の次号の編集についての話し合いを共同代表の人と行い、予定通り発行する段取りを整えました。
DSCF0736.JPGDSCF0737.JPGDSCF0738.JPG
 安倍元首相が狙撃された事件現場は、喫茶店のすぐそばですが、事件後、ここに来るのは初めてです。事件現場は当初の計画通り駅前の再開発の一環で車道として整備されるということで、目下工事中でした。市長が慰霊碑などを建てないことを決めたのは英断でした。現場のそばにはお花やお供えは持ち帰ってくださいという貼り紙がありました。
 事件直後の映像を見ても、後ろから二発続けて撃たれており、その間誰も止めに入っていず、ずさんな警備状況だったというのが一目瞭然でした。安倍元首相の強権的で恣意的な政治姿勢にはかねてより問題に感じてきましたし、国葬になったことにも納得していませんが、理不尽に命を奪うことはいかなる理由があっても赦されることではありません。しかし、事件後、自民党をはじめとする政治家と旧統一教会の癒着ぶりが明らかになったことは確かで、事件がなければ、この癒着はずっと続いていたに違いありません。それにしても、政治家のモラルの低下、無責任さには呆れるばかりです。
DSCF0729.JPGDSCF0726.JPG
 待ち合わせの時間まで余裕があったので、西大寺を拝観しました。西大寺の紅葉は見頃をやや過ぎている感じがしました。それほど本数は多くありませんが。今までは境内は散策だったものの、この春から本堂などの参拝者だけが入れるようになっていました。それまでの開かれた雰囲気が好きでしたが、こういう寺らしい厳粛さも必要だと思いました。ちなみに、短歌誌の編集の打ち合わせをした喫茶店は駅の北側にありますが、西大寺は南側にあります。  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント