テーマ:思い出

羽生選手が共鳴した「天と地と」の謙信の生き方・私も25歳までぜんそくを患う・春日山城跡に二度登ろうとしたものの雨で…

フィギュアスケートの世界選手権大会で、羽生選手がフリーの演技で、ぜんそくの症状が出ていたことを自ら語っていました。緊張感もあったと思いますが、その中で大きく崩れることなく、銅メダルに輝いたのはさすがです。本人はさぞかし悔しかったでしょうが。  私は小学4年生の時に小児ぜんそくを発症し、高校生の時まで季節の変わり目ごとに発作が出て、その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪探訪57 大手前高校の「集中セミナー」の講座「大阪における関ヶ原の戦いと大坂の陣の関連遺跡を訪ねて」(2006…

 2006年に行なった、大手前高校の「集中セミナー」の、「大阪における関ヶ原の戦いと大坂の陣の関連遺跡めぐり」ですが、真田信繁(幸村)の銅像と「真田の抜け穴」、旧真田山陸軍墓地を見た後、歩いて大阪カテドラル聖マリア大聖堂まで生徒たちを案内しました。この大聖堂は、秀吉時代、大坂の細川屋敷があったところで、関ヶ原の戦いの二ヶ月前、細川ガラシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪探訪56 朝日新聞の「まだまだ勝手に関西遺産」の「大阪発祥『ビー玉』」 語源はポルトガル語かB玉かフランス語か…

  子供の頃、ビー玉でよく遊んでいましたし、集めてもいました。色や模様のきれいな気に入ったビー玉は宝物みたいなもので、住んでいた長屋の突き当たりにある小学校と幼稚園の境の壁にあった隙間を、隠し場所にして入れていたこともあります(写真のあたりですが、今はそういう隙間はありません)。長屋の前や周辺の地面はまだ舗装されていず、土だった時代です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪探訪54 大手前高校の「集中セミナー」の講座「大阪における関ヶ原の戦いと大坂の陣の関連遺跡を訪ねて」(2006…

 2006年に行なった、大手前高校の「集中セミナー」の、「大阪における関ヶ原の戦いと大坂の陣関連遺跡めぐり」ですが、地下鉄で玉造駅に出て、真田山の三光神社にある真田信繁(幸村)の銅像とそのそばにある「真田の抜け穴」に案内しました。「真田の抜け穴」は、最近はよくテレビなどで紹介されますが、そういうものがあると知ったのは、これも桂米朝さんの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪探訪53 大手前高校の「集中セミナー」の講座「大阪における関ヶ原の戦いと大坂の陣の関連遺跡を訪ねて」(2006…

2006年に行なった、大手前高校の「集中セミナー」の講座「大阪における関ヶ原の戦いと大坂の陣の関連遺跡を訪ねて」ですが、一心寺の北にある清水寺(新清水)にも足を伸ばしました。ここは関連遺跡ではありませんが、生徒たちもほとんどその存在を知らないのではないかと思って案内しました。かく言う私も、桂米朝さんの「米朝ばなし 上方落語地図」(毎日新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪探訪52 大手前高校の「集中セミナー」の講座「大阪における関ヶ原の戦いと大坂の陣の関連遺跡を訪ねて」(2006…

 2006年に行なった、大手前高校の「集中セミナー」の講座「大阪における関ヶ原の戦いと大坂の陣の関連遺跡を訪ねて」ですが、 一心寺の道路をはさんですぐ北側にある安居神社を訪ねました。真田信繁(幸村)が大坂夏の陣で家康本陣に襲いかかり、一時は家康を追い込む活躍を見せるものの、多勢に無勢で戦死したとされる場所で、生徒にもそのように話しました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪探訪51 大手前高校の「集中セミナー」の講座「大阪における関ヶ原の戦いと大坂の陣の関連遺跡を訪ねて」(2006…

 2006年に行なった、大手前高校の「集中セミナー」の講座「大阪における関ヶ原の戦いと大坂の陣の関連遺跡を訪ねて」ですが、茶臼山から歩いてすぐの一心寺を訪ねて、境内にある大坂夏の陣で亡くなった本多忠朝(忠勝の次男)の墓にお参りしました。忠朝は大坂冬の陣で酒を飲み過ぎたせいで、不覚を取り、敗走したため、夏の陣では汚名を挽回しようと、攻めか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪探訪49 四天王寺の安政地震津波碑・境内は子供の頃の遊び場で昆虫採集したところ・浪人時代は朝にランニング

   朝日新聞の「いにしえナビ」のコーナーで「四天王寺の安政地震津波碑」が紹介されていました。1854年11月4日、5日に発生した、安政東海地震、南海地震の際、大坂にも大津波が押し寄せ、死者は1万人にのぼったという説もあるということです。翌年に32人の町人らが、犠牲者を追悼し「海鳴があったり潮の干満が乱れたりした時には、津波の前兆と考…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子供の頃は切手収集ブーム・郵便局に長い行列・今は記念切手の値打ちがなくなり原価割れ・切手アルバムへの愛着

短歌誌を会員の人々に発送する作業も、共同代表の人と二人で行いましたが、これが結構手間がかかりました。添える手紙を書くのも時間が要ります。一人一人書く内容が違いますので、一枚書いてコピーするというわけにもいきません。封筒に貼る切手は、子供の頃から収集したものが大量にありますので、現在発行されている切手と混ぜて使っています。   私が子供…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝日新聞の「今こそ見たい 子供向け教育番組」の第二位の「おかあさんといっしょ」娘が小さい頃一緒に見ていた番組 自作…

 朝日新聞の土曜版の「今こそ見たい」のコーナーで、「子供向け教育番組」として、読者のランキングで二位に選ばれていた「おかあさんといっしょ」ですが、娘が小さい頃、一緒によく見ていました。その当時は、歌のおにいさんは坂田おさむさん、歌のおねえさんは神崎ゆう子さんでしたが、二人とも子供に馴染みやすい存在でした。私は特に神崎さんが素敵で気に入っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝日新聞「今こそ見たい 子供向け教育番組」の第1位は「ひょっこりひょうたん島」大人も楽しめ深いものがある人形劇・個…

 朝日新聞の土曜版の「今こそ見たい」のコーナーで、「子供向け教育番組」として、読者のランキングで一位に「ひょっこりひょうたん島」、二位に「おかあさんといっしょ」、三位に「ピタゴラスイッチ」が選ばれていました。  「ひょっこりひょうたん島」は、「子供向け教育番組」の範疇には入らないほど、大人が見ても楽しめ、パロディーに富んでいながら内容…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「森喜朗会長の処遇の検討および再発防止を求めます」キャンペーンに賛同・ 思い出 長時間の大阪府立茨田高校の進級判定…

「女性蔑視発言『女性入る会議は時間かかる』森喜朗会長の処遇の検討および再発防止を求めます #ジェンダー平等をレガシーに」キャンペーンに賛同し、電子署名しました。森氏は発言を撤回、謝罪しましたが、それで済む問題ではなく、五輪憲章に反した今回の発言は、五輪バラリンピック大会組織委員会の会長として不適格であると云えます。評議員会の中でも、この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自作短歌の周辺43 巻雲短歌会の歌誌最新号に載せた作品・かつて修学旅行作品集や学年通信などに掲載したものを見直し

 巻雲短歌会の歌誌の最新号を発行しました。今回が145号です。今は1年に1回しか発行できませんが、半世紀余りにわたって出している歌誌ですから、少なくとも150号までは出したいと思っています。主宰者の植村紀子先生の死後、共同代表の三嶋健男氏と共に編集作業を行い、この体制で3号発行したことになります。今回、載せた自作短歌のうち、コロナ禍の中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緊急事態宣言下、母の代理で受診2 以前は「一心」で母、妹と一緒に通院前に昼食・済生会野江病院との縁

 済生会野江病院での代理受診は午後からだったので、妹と病院の近くにあるうどん屋「一心」で昼食を取りました。母が歩ける時は、3人一緒にこの店で昼食を取っていたのですが、車椅子になってからは、この店で昼食を取ったのは一度だけでした。車椅子は店の外に置かねばならなかったためです。それからは母は施設で昼食を取り、われわれは施設近くの店で食べ、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

50年前の大学合格電報・現役、浪人で受験した大学はそれぞれ1校のみ・大学に入ることだけが目的化している現状・入試制…

 50年前の大学の合格通知の電報が手元に残っています。合格発表は大学のキャンパスであったのですが、見に行くのに交通費と時間が結構かかるので、料金が安い電報を頼みました。電報は大学が行っているものではなく、学生たちが請け負ってしているものでした。  当時、国公立大学は授業料が格別安かったので、経済的に苦しいわが家でも行けたのですが、私立…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今や高校と予備校は持ちつ持たれつの関係・12年前のセンター試験直前に出した学級通信

 教員になった当時、高校と予備校は一線を画していましたし、交流を持たないようにしていました。それがいつしか、持ちつ持たれつの関係へと変化していきました。受験指導も、かつては高校での実力テストの結果などをもとに行ってきましたが、予備校の全国レベルのデータ収集力には勝てず、生徒のセンター試験の点数などを予備校に送った上で、志望する大学・学部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅行記245 35年前の12日間の新婚旅行8 アテネでかろうじてパルテノン神殿などを見学・夕方の便で帰国・成田経由…

1986年1月2日、ロードス島の空港に再び行きましたが、前日の便で出発する予定だったので、キャンセル待ちの状態になり、ようやく11時発のオリンピック航空の飛行機に乗ることができ、正午にアテネに着きました。4時40分発の便でアテネからKLMの飛行機で帰国の途に就かねばならなかったので、昼食を取る時間もなく、アクロポリスの丘にあるパルテノン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅行記244 35年前の12日間の新婚旅行7 1月1日はロードス島の市内観光・購入した絵皿・夜にアテネへ飛行機で行…

 1月1日は朝10時の集合でした。みんな夜中遅くまで起きていたので、遅めの出発になりました。ロードス島の旧市街の城跡や町並みを散策しましたが、午後は自由行動だったので、ホテル近くの港や風車、わずかに開いている店(ほとんどの店は閉まり閑散としており、正月気分はほとんど味わえませんでした)を見て回ったり、セルフサービスの店で紅茶とケーキを口…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅行記243 35年前の12日間の新婚旅行6 大晦日の朝、ロードス島に着き、昼まで寝る・午後はリンドス遺跡見学・レ…

 35年前の大晦日、アテネ空港のロビーで夜中4時間近く過ごしましたが、ほとんど眠れず、ロードス島に向かう早朝の5時40分発の飛行機の中で、ようやく1時間近く寝ました。ホテルに着くと、早速、朝食を取りましたが、ツアー客みんなしんどそうでした。その後、2時間半程、部屋で寝ましたが、完全な寝不足状態でした。  疲れている中、1時に集合し、ホ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅行記242 35年前の12日間の新婚旅行5 ストで飛行機が飛ばずローマ市内に戻って自由行動・スペイン広場などを回…

 新婚旅行の際、12月30日はホテルに泊まれず、アテネ空港で夜中を過ごすはめになりまた。本来は、ローマから飛行機でアテネ経由でロードス島に向かう予定でしたが、アテネ空港の従業員ストのあおりを受けて、予定の飛行機が飛ばなくなりました。一旦、ローマ空港にバスで向かいましたが、すぐに飛ぶ別の飛行機は見つからず、夜10時半に離陸するカンタス航空…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅行記241 35年前の12日間の新婚旅行4 パリのデバートで買物・ローマ空港に着いた前日にテロ事件・コロッセオで…

 新婚旅行は、パリに2泊した後、12月28日、夕方の飛行機でローマに行きました。ドゴール空港から2時間のフライトでした。ちなみに、スペインからフランスに入国する時は、オルリー空港からでしたが、その5年前に友達とフランスに入国したのもオルリー空港でした。   その日の午前中はパリで自由行動だったので、地下鉄でデパート「プランタン」へ行っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅行記240 35年前の12日間の新婚旅行3 パリ二日目の市内観光、午後は自由行動・夜は「ムーラン・ルージュ」でナ…

 85年の新婚旅行の際、パリ二日目の午前中は、市内観光ツアーで、エッフェル塔がよく見える場所、モンマルトルの丘、サクレクール寺院などを回りましたが、いずれも5年前に友達と巡ったところだけに、懐かしさに駆られました。  昼からは自由行動だったので、二人で地下鉄に乗りコンコルド広場に出て、オランジュリー美術館を見学しました。オランジュリー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅行記238 35年前の12日間の新婚旅行1 1月3日に帰国・マドリッドでクリスマスを迎えたものの、雰囲気はあまり…

  昨年の12月22日で結婚して35年になりました。最初は記念日に外でちょっとしたランチを食べることも考えたものの、コロナの感染拡大で先延ばしにし、京都の「若菜屋」の栗菓子を買ってきて、夕食のデザートに食べるというささやかなものになりました。栗入り抹茶饅頭の「抹茶栗璞(りつぼく)」を口にしましたが、栗の入った独特のあんの味が絶妙でした。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都探訪325 百万遍の「吉野屋」で夕食・大学時代はよく通っていた中華料理店があった場所・学生時代からあるクラシッ…

 11月29日の夕方に北白川を散策した後、夕食を百万遍の交差点の北西角のところにある「吉野屋」で取りました。冷え込みが厳しいので、牛すき鍋膳を食べて体を温めました。ごはんのお替わりは無料ですが、私はカロリー制限中なので、頼みませんでした。しかし、学生の中には、ごはん大盛りのお替わりを二度している人もいて、さすが学生の食欲は旺盛だと感心し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都探訪324 大学時代、友達が下宿していた北白川近辺を散策・下宿で議論しながら飲み明かした日々・「紅白」を見なが…

 京都新祝祭管弦楽団のコンサートへ行く前、北白川のあたりを歩いてみました。北白川には大学時代、友達の下宿が二軒あり、よく訪ねていましたが、40年余りも経っていますから、建て替わっている家も多く、どこが友達の下宿だったのか判然としませんでした。夕方で次第に暗くなってきたということもあります。そのうちの一軒で、ドイツ文学を専攻していたH君の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

20数年ぶりの大阪府立住吉高校の周辺散策11 ラッシュ時は満員だった阪堺電車・子供の頃から馴染み深かった大阪市電・…

 阿倍王子神社から安倍晴明神社の道は、熊野街道の一部で、その雰囲気が今もなんとなく残っています。安倍晴明神社のすぐ近くに阪堺電車の東天下茶屋駅があり、そこから電車に乗って天王寺に戻りました。  阪堺電車は、大阪で唯一残る路面電車であり、子供の頃から大阪市電に馴染みが深かった自分にとっては、ノスタルジーを誘われる電車です。天王寺区の椎寺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

20数年ぶりの大阪府立住吉高校の周辺散策9 熊野王子社の一つとなった阿倍王子神社・同じ年に入った教員同士の結びつき

 阿倍野の鎮守の社である阿倍王子神社を訪ねたのはほぼ40年ぶりのことです。なにしろ住吉高校に転任した時に、社会科の先生に案内されて行って以来ですから。  この神社は仁徳天皇によって創建されたとも、阿倍野の地を本拠としていた古代の豪族「安倍氏」が創建したとも言われています。平安時代になり、熊野信仰が盛んになると、この場所が四天王寺と住吉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

20数年ぶりの大阪府立住吉高校の周辺散策8・旧制大阪高校跡・よく通っていた店は見当たらず・「雲海」でランチ・北畠公…

  晴明丘公園を東に歩いて行くと、あべの筋に突き当たりますが、そのあたりは大正時代に創立された旧制大阪高等学校があったところで、現在、跡碑が建っています。この近辺、今はスーパーやマンションが建っており、当時と雰囲気は変わっていました。旧制大阪高等学校は、後に大阪大学に包括されました。   このあたりにあった飲食店で、住吉高校勤務当時は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

20数年ぶりの大阪府立住吉高校の周辺散策7 北畠顕家と北畠親房が祀られている阿部野神社・同人誌発行のための初会合を…

 阿倍野区北畠の地名は、南北朝時代に南朝方として活躍し、若くして戦死した北畠顕家にちなみます。あべの筋沿いにある北畠公園に顕家の供養塔があり、住吉高校の西にある阿部野神社に、北畠顕家とその父親の北畠親房(「神皇正統記」を書いたことで有名です)が祭神として祀られています。住吉高校に勤めていた当時は、阿部野神社にお参りしたことはありませんが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

20数年ぶりの大阪府立住吉高校の周辺散策6 よく昼食を取りに行っていた相生通の店はほとんど残っていず・今もレトロな…

住吉高校は、住宅街の中にあるので、飲食店が近くにありません。そのため、在任当時、昼食は専ら校内食堂で取っていましたが、土曜日などは授業が昼までなので、同僚と外に食事に行くことがよくありました。行くとするなら、北西の相生通へ行くか、東のあべの筋の方に出るかのどちらかでした。今回、どちらの方面へも回ってみましたが、まず相生通の方へ行きました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more