テーマ:大阪探訪

三成の実像2426 大阪探訪137 大坂の寺町形成

義母の三回忌法要が、10月7日に妻の実家の菩提寺である大阪市天王寺区下寺町の金台寺で営まれましたが、生まれて4ヶ月余りの甥も義妹夫妻に伴われてアメリカから参列していました。その時のことはフェイスブックの方で記しています(https://www.facebook.com/toshiyuki.hisatomi.7?ref=brem)。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石田三成の実像1818 堺めぐり4「山上宗二供養塔 一会塚」・南宗寺と大徳寺からわかる利休との関係

写真は堺の南宗寺の塔頭の天慶院の前にある「山上宗二供養塔 一会塚」を5日に撮ったものです。山上宗二は千利休の高弟でしたが、小田原攻めの際、秀吉によって惨殺されました。利休が切腹させられるのは、その翌年のことです。 南宗寺に千利休一門の供養塔があり、山上宗二の供養塔も南宗寺の塔頭の天慶院にありますし、南宗寺を再建した(創建した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石田三成の実像1817 堺めぐり3 「さかい利晶の杜」・秀吉が利休の娘に懸想した話の疑問点

 写真は堺の千利休屋敷跡のすぐ西隣に建つ「さかい利晶(りしょう)の杜」の施設を撮ったものです。昨年オープンしたばかりで、このような建物ができているのは知りませんでした。千利休茶の湯館、与謝野晶子記念館などが中に入っていますが、今回は時間がなくて、観覧できませんでした。堺が生んだ二大偉人に関する施設ですから、近々改めて訪ねたいと思います。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石田三成の実像1816 堺めぐり2 公開されている千利休屋敷跡・切腹理由についてのガイドさんの説明

  写真は堺の宿院の千利休屋敷跡にある井戸を5日に撮ったものです。千利休屋敷跡に行ったのは数年ぶりのことですが、驚いたことは、敷地の中に入れ、井戸のそばまで近づけることができるようになっていたことであり、ガイドさんも待機していて、詳しい説明を受けることが出来たことです。以前には柵があって、遠くからしか眺めることしかできませんでした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石田三成の実像1815 堺めぐり1 三成と南宗寺を再建した沢庵、大仙公園の茶室、行長ゆかりの松

   写真は堺の南宗寺の拝観入口(入って右に行ったところに受付があります)を5日に撮ったものです。今回は残念ながら、時間の関係で中の拝観はしませんでした。私は今までに何回も拝観しています。  南宗寺は、大坂夏の陣で焼け、沢庵和尚が再建しました。沢庵和尚は三成と親しく、三成が奉行職を解かれて佐和山に隠居後、母の菩提を弔うために佐和山に瑞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪探訪138 天王寺公園にあった図書館 大坂の陣52 方広寺鐘銘事件の前に家康は戦い準備

  写真は天王寺公園の芝生広場からあべのハルカスを4月29日に撮ったものです。広場は、家族連れで大いに賑わっていました。  かつては天王寺公園の中に図書館があり、子供の時からたびたび通っていました。最初、行った時には、大人たちに交じって入口に並んでいたところ、係員が児童館は別のところだと言ってくれて、そこまで案内してもらったことを思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪探訪137 黒田藩蔵屋敷長屋門 大河ドラマ探訪364「軍師官兵衛」109  左手の逸話の出典不明

写真は天王寺公園内にある黒田藩蔵屋敷長屋門を4月29日に撮ったものです。もとは中之島にありましたが、昭和8年にここに移築されました。   写真を撮った背に大阪市立美術館があり、写真の左側に慶沢園があります。長屋門の向こう(南側)に芝生広場があり、レストランなども設けられており、昔の天王寺公園の雰囲気とは大分違っていますが、長屋門…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪探訪136 大河ドラマ探訪361「真田丸」26  大坂の陣茶臼山史跡碑・新史料による信繁の最期

写真は「大坂の陣茶臼山史跡碑」を4月29日に撮ったものです。碑には、冬の陣では家康が本陣を置き、夏の陣では真田幸村が本陣を置いたという記載があります。この碑は2014年9月9日、「大坂の陣400年記念モニュメント」として設置されたものであり、前に茶臼山を訪ねた時には建っていませんでした。このあたりで歴史散策をしているグループを見かけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三成の実像1610 大河ドラマ探訪359「真田丸」24三成の描き方9 堺奉行3 玉造とフランク三浦

 昨日の関西テレビの番組「よーいどん」の「となりの人間国宝さん」のコーナーで、織田信成さんが、真田幸村で盛り上がる玉造の町を歩いていました。「真田丸」のジオラマが置いてある店の人に、「真田幸村と織田信長はどちらが強いんですか」という無茶な問いを発していました。店の人は時代が少し違うとことわりながらも、「織田信長」と答えていました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪探訪135  ドラマ探訪43「あさが来た」17 セット公開1 白岡家の庭・浅子の碁の堅実な打ち筋

写真はNHK大阪放送局で公開されていた朝ドラ「あさが来た」のスタジオセットのうち、白岡家の庭を3月末に撮ったものです。もうすでに公開は終わっていますが、行った時はドラマ人気も手伝って大いに賑わっていました。白岡家、加納銀行などのセットの他、ドラマで使われた衣装、小道具も多く展示されており、ドラマの場面をいろいろと思い出させる工夫がさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪探訪134 芝川ビル  ドラマ探訪41「あさが来た」16 女子大学の候補地だった府立清水谷高校

 写真は芝川ビルを2月に撮ったものです。外観は何度も見ていますが、「船場のおひなさま」展の際に初めて中に入りました。館内も昭和レトロが漂っており、四階のテラスも趣きがありました。雛人形は4階の部屋に飾られていました。  朝日新聞夕刊に連載されている「大峰伸之のまちだね」には芝川又右衛門が、日本女子大学創設に関して、5年間で2000円…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪探訪133  ドラマ探訪40「あさが来た」15 「金銀貨売買之義に付き嘆願書」 広岡信五郎の実像

 写真は大阪取引所のギャラリーに展示されていた「金銀貨売買之義に付き嘆願書」を2月に撮ったものです。明治17年(1884)のもので、署名欄に「広岡信五郎」の名が記されています。朝ドラ「あさが来た」のあさの夫である白岡新次郎のモデルになった人物です。  ドラマでは、最初の頃こそ、商売もせず、三味線などのあそび事にふける人物として描いてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪探訪132ドラマ探訪39「あさが来た」14五代友厚製藍所西朝陽館跡・五代の生涯4 ニュービジネス

 写真は五代友厚製藍所西朝陽館跡碑(写真に向かって一番左側)を1月に撮ったものです。堂島川の北側にあり、福沢諭吉誕生地碑・中津藩蔵屋敷跡碑を東に行ったところにあります。写真に向かって一番右側には、大村藩蔵屋敷跡碑が建っており、このあたりは江戸時代はずらりと各藩の蔵屋敷が立ち並んでいました。そのさまを想像すると、当時の活気がよみがえってく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪探訪131 過激な本音トークの「わざわざ言うテレビ」・メッセンジャーの漫才・黒田さんの破局

写真はテレビ大阪付近を2月6日に撮ったものです。豊臣期大坂城の発掘調査の現地説明会を行く時に通りました。「わざわざ言うテレビ」の番組の宣伝看板が飾られていました。以前は「たかじんのNOマネー」の看板が掲げられていましたが、番組が終わり、昨年新しく始まったこの番組の看板に変わっていました。  「わざわざ言うテレビ」は、メッセンジャーの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪探訪131 「船場のお雛さま」展 生駒家の雛人形にまつわる話・ 船場の商家の雰囲気

 写真は生駒ビルヂングに飾られている、小さな雛飾りを2月27日に撮ったものです。「船場のお雛さま」展の会場の一つでしたが、残念ながら、ビルの中には入れず、外から眺められるだけでした。しかし、幸いなことに、ひな人形は撮影できました。その点、伏見ビル、柴川ビルのひな人形は撮影禁止でした。生駒家の雛飾りについて、そばの説明版には、次のような悲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪探訪130 ドラマ探訪38「あさが来た」13 光世証券の五代友厚像・五代の生涯3 官を辞して帰阪

 写真は光世証券ビルにある五代友厚像を2月27日に撮ったものです。NHKで18日に放送された「ぐるっと関西おひるまえ」の「五大さまに会いにいこう~大阪・五代友厚像探訪~」で、この像も取り上げられ、ヨーロッパに留学した29才の頃の姿だと紹介されていました。光世証券の社長は五代について、及びこの像について次のようなことを話していました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪探訪129 ドラマ探訪37「あさが来た」12 大阪商工会議所の五代友厚像・五代の生涯2 堺事件

写真は大阪商工会議所の前に建っている五代友厚像(写真に向かって一番左) を昨日撮ったものです。昨日は家族で母と一緒に昼食を取った後、自分一人でレトロな芝川 ビル、伏見ビル、生駒ビルヂングなどで開かれている「船場のお雛さま」展を見に行きましたが、その時に立ち寄りました。光世証券ビルにある五代友厚像も見て来ました。  さて、大阪商工会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪探訪128 ドラマ探訪36「あさが来た」11 大阪企業家ミュージアム・五代友厚の生涯1 青年時代

 写真は大阪企業家ミュージアムの入口を10日に撮ったものです。ミュージアムは大阪産業創造館の地下1階にあります。ここと大阪取引所のギャラリーで、「大阪の恩人 五代友厚」のスタンプラリーが開催されていました(スタンプラリーはすでに終了しています)。  朝ドラ「あさが来た」では、22日の放送で五代友厚が再登場していましたが、わずか1分の出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪探訪127 大坂の陣51 心眼寺 大河ドラマ探訪343「真田丸」8 滝川一益の人質だった信繁3

  写真は心眼寺の真田信繁(幸村)の墓を2月6日に撮ったものです。墓に記されている、信繁が「従五位下左衛門佐」に任じられたのは文禄3年(1594)11月2日であることが、丸島和洋氏の「真田四代と信繁」(平凡社新書)に記されています。  15日に放送されたテレビ朝日系の番組「ぶっちゃけ寺」で信繁ゆかりの場所を訪ねていましたが、真田丸跡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本文学探訪119 広岡浅子と山川登美子の接点?2 「『明星』における白百合」5  晩年の歌

 写真は土佐堀川から大同生命本社ビル(正面に見えているビル)方面を見て撮ったものです。高速道路が走っていて、ビルが見えにくくなっています。前に見える橋は渡辺橋であり、南北に四つ橋筋が通っています。今の四つ橋筋をはさんで、かつて東に広岡浅子が嫁いだ加島屋(現大同生命ビル)、西の少し南側に歌人の山川登美子が通った梅花女学校がありました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪探訪127 ドラマ探訪35「あさが来た」10 日本基督教団大阪教会・成瀬仁蔵の「女子教育」に感銘

  写真は土佐堀にある「日本基督教団 大阪教会」を撮ったものです。大同生命保険会社発行の「広岡浅子ゆかりマップ」にも掲載されていますが、次のように解説されています。  「1911(明治44)年に、浅子が洗礼を受けたプロテスタントの教会。1922(大正11)年にヴォーリズ設計による教会堂が竣工しています」と。  拙ブログ記事で述べたよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪探訪126 ドラマ探訪34「あさが来た」9 福沢諭吉誕生地碑・原案者の浅子発掘・中川小十郎の功績

 写真は大阪堂島に建っている福沢諭吉誕生地の碑と中津藩蔵屋敷跡碑を1月21日に撮ったものです。広岡浅子、五代友厚ゆかりの地めぐりをしている時に立ち寄りました。朝日放送の南側、堂島川沿いにあります。大同生命保険会社発行の「広岡浅子ゆかりマップ」には、これらの碑について次のように解説されています。  「『小説 土佐堀川』には、福沢諭吉の書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪探訪125 大坂の陣50 真田丸顕彰碑 丸島和洋氏の「真田四代と信繁」における真田丸の記述

写真はこの1月に建立されたばかりの真田丸顕彰碑を2月6日に撮ったものです。明星学園のグラウンドの前に建っています。建てたのは天王寺区役所であり、明星学園が協力しています。  マスコミなどで紹介されたからか、大河ドラマ「真田丸」効果なのか、何人もの人がその碑を訪ねていました。この碑の前に、真田信繁(幸村)ゆかりの心眼寺であり、お寺を訪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪探訪124 ドラマ探訪33「あさが来た」8 「大阪の恩人『五代友厚』スタンプラリー」 

 写真は大阪取引所OSEギャラリーに展示されている「株式取引所設立趣意書」を昨日に撮ったものです。展示物は撮影OKだったので、撮りました。その趣意書には「五代友厚」の署名があります。その説明文には次のように記されています。  「1878(明治11)年5月の株式取引所条例の制定・布告に先立って、五代友厚を中心に株式取引所設立に向け、資本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪探訪123 大坂の陣49 新たに発掘された大坂城 詰ノ丸の南東石垣・隅櫓跡・夏の陣の焼け土層

  写真は新たに発掘された豊臣期大坂城詰の丸の地表面や石垣などを2月6日に撮ったものです。写真の中央より少し下のところに「豊臣期地表面」の表示板がありますが、写真に向かってその左側のところが肉眼ではあちらこちらオレンジ色になっているのが分かりました(写真ではわかりにくいですが)。それが大坂夏の陣の時に焼けた跡です。  今回の現地公開は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本文学探訪117梅花女学校発祥の地碑 広岡浅子と山川登美子の接点? 「『明星』における白百合」3

 写真は梅花女学校発祥の地碑を昨日に撮ったものです。昨日は新たに豊臣期大坂城の石垣内側から見つかった大坂夏の陣の焼け土の層などについての現地説明会に行った(こについては後述します)あと、肥後橋に足を伸ばしてこの碑を見て、近くにある大同生命大阪本社ビル(加島屋跡地)で開かれている「広岡浅子の生涯」展を見学(二度目)して、その後、玉造へ行き…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日本文学探訪116 山川登美子記念館4 梅花高校 昭和50年の拙文「『明星』における白百合」2 

  写真は山川登美子記念館の入口の門を昨年12月24日に撮ったものです。 山川登美子は大阪の梅花女学校を卒業していますが、昨日の毎日放送の番組「ちちんぷいぷい」の「たむらけんじの学校へ行こッ!」のコーナーで、梅花高校が取り上げられていました。大阪で最初に作られた女学校であると紹介され、たむらさんが舞台芸術コースのクラス(夢多き女生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪探訪122 ドラマ探訪32「あさが来た」7 五代友厚旧邸(日銀大阪支店) ゆかりの地巡り   

 写真は日本銀行大阪支店旧館を一昨日撮ったものです。夕方5時前に撮った上に曇り空だったので、暗く写っています。大阪市役所のところから西を向いて撮りました。この建物は明治36年、辰野金吾によって作られましたが、ドーム型の屋根が印象的ですし、ネオ・ルネッサンス様式の建て方に趣きがあります。ここにはかつて五代友厚の別邸がありました。  一昨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ探訪337 「真田丸」2 「歴史秘話 ここが真田丸だ」 地中調査などで千田氏の見解を裏付け

  写真は真田丸があったと推定される場所の一部 を、昨年11月3日に大阪明星学園で行われた「真田丸プレミアムトーク」の帰りに撮ったものです。この坂を少し上がったところに、写真に向かって右側に明星学園のグラウンドが、左側に心眼寺があり、10日に放送された「真田丸」初回の最後の「真田丸紀行」にうつっていた真田丸推定地はその心眼寺あたりでした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪探訪121 「米会所跡」碑 ドラマ探訪31「あさが来た」6 主題歌に勇気づけられる・炭鉱事故

 紅白ではNMB48が「あさが来た」の主題歌「365日の紙飛行機」を歌っていましたが、いつものAKB48の歌とは微妙に違って、また別の味わいがあり、オリジナリティーを出していました。両者ともセンターを山本彩さんが務めているのは同じでしたが、ギターの弾き語りも聴きごたえがありました。もっとも、NMB48には晴れの舞台で自分らの曲を歌ってほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more