奈良県新公会堂のレストラン「奈良迎賓館」で短歌会の懇親会

画像
 写真は奈良県新公会堂のレストラン「奈良迎賓館」からの眺めを昨日に撮ったものです。昨日、ここで私が所属する「巻雲短歌会」の懇親会が行われました。主宰者の植村紀子先生が一時入院され、大変心配したのですが、以前通りの元気な姿を拝見することができ、感無量でした。乾杯の発声を当方に依頼され、若輩者の私が僭越ながら、その役目を務めました。「巻雲短歌会」も高齢化が進み、自分などは若い方の部類に属するのですが、一応私は短歌会が創立された時の唯一の残っているメンバーですから、乾杯の発声をしてもいいのかなと思いました、短歌会が創立されたのは、私が高校生の時ですから、45年余りも前のことになります。
 2時間余りにわたって、フランスのコース料理を味わいながら、会員相互の親睦をはかりました。懇親会としては、一年ぶりのことであり、昨年は大阪天満のキャッスルホテルで行われ、私も久しぶりに出席しましたが(勤めている時はなかなか参加できませんでした)、あれから早くも一年が経つのだという思いにとらわれました。
 今年は歌誌の編集と校正の仕事を手伝いましたが、どちらもかなり時間がかかりました。編集の方は、会員の歌をどう配列するのか、大いに頭を使いました。なるべく同じ人の歌がめくった次のページに渡らないように配慮し、うまく見開きのページに収まるようにいろいろと工夫する必要があります。
 校正は誤字のチェックはもちろんのことですが、文法的におかしいところがないかどうかも見なければなりません。内容的に意味が通りにくい短歌についてもチェックします。
 写真に向かって右側に写っているのは若草山です。ところどころに紅葉が見られますが、奈良公園全体がそういう状態であり、紅葉の見頃はもう少し先だと思われます。
 
画像
 写真は奈良県新公会堂を正面から撮ったものです。私は奈良に19年住んでいましたが、ここに来るのは初めてです。平成元年に建てられました。新公会堂は東大寺の東側にあります。昨日はJR奈良駅から三条通りを西に歩き、漢国神社を経由して、奈良国立博物館の前を通り、新公会堂まで秋の景色を楽しみながら行きました。少々寒く風もありましたが、懇親会後は森鴎外の旧居跡や興福寺の東金堂後堂の特別公開などを見に行きました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック