石田三成の実像2680  大河ドラマ「葵 徳川三代」6 家康暗殺計画

 大河ドラマ「葵 徳川三代」では、慶長4年9月、徳川家康が大坂城に入城した時、家康暗殺計画があったとして、前田利長や大野治長に疑いをかけるものの、それは家康自身が仕組んだ謀略であったという捉え方がされていました。利長が計画者とされたのは、利長と三成と通じていると考えられたからで、大野治長は淀殿と密通しているとの噂があったからだという描き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more