旅行記199 今月2度目の近江旅行1 石田三成の実像2765 妙源寺の山門・芹川のケヤキ道・宗安寺の赤門・木村重成の首塚

また二泊三日で彦根に行ってきました。11月になって2度目です。23日は佐和山城でのろし駅伝、午後はいしだみつにゃんの誕生祭、24日は米原市柏原の成菩提院で三成会議主催の、三成を主人公にした甲冑劇、谷口徹氏の講演会「石田三成と十三ヶ条掟書」が行われ、それらに参加するためでした。
 22日に泊まったホテルは、芹川沿いにあり、妙源寺の近くです。彦根駅から歩いて20分程です。
 DSCN7807.JPG2日に妙源寺で、三成、嶋左近とその一族の法要が営まれ、私も参列しました。山門は、佐和山城の城門を移築したものと伝わり、佐和山城の法華丸に日蓮宗の寺があったという縁もあって、法要は毎年続けられています。
 DSCN7812.JPGDSCN7822.JPGホテルに荷物を預けた後、芹川のケヤキ道を歩きましたが、黄や赤に染まっていました。ただ、どんよりとした曇り空だったので、写真ではきれいに撮れていないのが残念です。
 DSCN7829.JPG この後、夢京橋キャッスルロードまで足を延ばし、宗安寺に少し立ち寄りました。赤門は、佐和山城の大手門を移したものだと言われています。本堂には、石田三成の念持仏である石田地蔵尊と千体仏が安置され、テレビ番組で紹介されたこともあります。オンライン三成会編「三成伝説」(サンライズ出版)の「近江・彦根」の章でも取り上げられていますが、この地蔵尊と千体仏は三成が亡き母の菩提を弔うために建立した瑞岳寺に祀ってあったと説明されています。
 DSCN7834.JPG墓地には、大坂の陣で活躍した木村重成の首塚があり、お参りしました。彦根藩士の安藤長三郎が、大坂夏の陣で木村重成の首を討ち取って、供養塔を建立しました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント