最初の勤務校だった大阪府立茨田高校の周辺散策1 徳庵駅から四十年ぶりに歩く 商店街や寝屋川に架かる橋に当時をしのぶ

教員時代、最初の勤務校であった大阪府立茨田高校の周辺をほぼ四十年ぶりに歩き回ってきました(創立十周年記念の時に一度訪ねたことはありますが)。校内も見てみたかったところですが、コロナ禍のもとでは、仕方ありません。茨田高校へ行くには三つのコースがあります。高校に一番近いのは、バス停の「安田」というところで、そこから歩いて五分程で行けますが、道路が渋滞するので、時間が当てになりません。
 それで最初は片町線(後の学研都市線)の鴻池新田駅から歩いていました。学校まで二十分ほどかかります。途中、田んぼがあって、雨の日に歩くと、靴やズボンが汚れるという難点がありました。それで、途中から一つ前の徳庵駅でおりて、そこから歩きました。やはり二十分近くかかります。
 もっとも、都島のマンションに転居してからは、バス停が近いので、二年近くバスで通っていましたが、やはり道路が渋滞したので、途中でバスを降りて、よく走って学校に行っていました。生徒たちも同じでした。
 今回は、徳庵駅で降りて、高校周辺を歩き、帰りは鴻池新田駅の方に出ました。あたりの様子は様変わりしていました。四十年も経つので当然のことですが。むろん、当時をうかがわせるものもところどころ残っています。
 DSCN9710.JPGDSCN9708.JPG まず徳庵駅は高架になっていました。駅前の商店街の通りはそのまま残っていますが、昔は以前、その一本南に狭い路地があり、長屋が並んでいました。実家も長屋なので、この細い路地を好んでよく通っていました。しかし、路地は残っているものの、長屋はすっかりなくなり、町の様子が変わっていました。
DSCN9713.JPGDSCN9714.JPGDSCN9719.JPG商店街の通りを東に突き当り、寝屋川を渡るのですが、橋を曲がって渡らねばならないところは当時と変わっていず、懐かしさを覚えました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント