テーマ:教育

大阪府立住吉高校国際教養科の専門科目「国際理解」を担当3 ギリシャ・ローマ神話「パンドラの箱」 人間に災いをもたら…

 大阪府立住吉高校の国際教養科の専門科目「国際理解」で、ギリシャ・ローマ神話の「パンドラの箱」も取り上げました。この時はラジオドラマになっているCDを生徒に聴かせて、その内容理解から始めました。  パンドラは全知全能の神ゼウスが、人間に災いをもたらすために創った人類最初の女性です。美しい体や病を治す力、織物を作る技術だけでなく、好奇心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

功刀俊雄氏・栁澤有吾氏編著 「『星野君の二塁打』を読み解く」 監督のバントの指示に従わず二塁打を打って勝利に結びつ…

 功刀俊雄氏・栁澤有吾氏編著 「『星野君の二塁打』を読み解く」(かもがわ出版)という本を読んで、改めて「星野君の二塁打」という話についていろいろ考えさせられましたが、自分の中でもまだ考えはまとまっていません。この話は国語教科書や道徳教材でも用いられていますが、私自身は、この話を授業で習ったことはなく、また教材として扱ったこともなく、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪府立住吉高校国際教養科の専門科目「国際理解」を担当2 「イソップ童話」・生徒が創作した「亀と兎」・「狐とブドウ…

 大阪府立住吉高校で「国際理解」という科目を担当した時に、世界の神話や 民話・童話を教材にして、そこに見られる国民性や普遍性について考察を加えましたが、「イソップ寓話集」も取り上げました。「亀と兎」「狐とブドウの房」という話を紹介し、最後に作者の意見や教訓が述べられていることを押さえました。「亀と兎」では、「生まれつきがゆるがせにされる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪府立住吉高校国際教養科の専門科目「国際理解」を担当 童話・民話から国民性を探る、「人魚姫」と「リトル・マーメイ…

  大阪府立住吉高校の国際教養科の専門科目で「国際理解」を担当しましたが、これも貴重な経験になりました。国語、社会、英語科の教員が一学期ずつ担当しましたが、教科書もなく、どういう授業をするのかは担当者に任されました。私は各国の文化に対する理解を深めるために、童話や民話に着目し、それぞれどういう特徴や国民性がうかがえるのか、考察しました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪府立住吉高校国際教養科設置をめぐって4 2年目の国際教養科案内パンフレット(1990年) 8倍の競争率になった…

 写真は大阪府立住吉高校の国際教養科の2期生を募集した時の案内パンフレットです。2年・3年次のカリキュラムの専門科目の内容が初年度に比べてかなり変更されていますが、1年間、教員間で議論を重ねた結果です。入試方法も大きく変わり、一般入試の前に、一次入試が加わりました。これも府教委の意向で決められたことです。  80名の定員の3割を一次入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪府立住吉高校国際教養科設置をめぐって(1989年)3 初年度の国際教養科案内パンフレット 未定の部分の多さ

 森友文書改竄問題でもそうですが、省庁では、おかしなこともおかしいと云えない空気があるのではないかと思ってしまいます。  大阪府立住吉高校に国際教養科が設置がされることを校長が突然発表した時(前述したように、府教委出身の校長は赴任する時から、設置することを府教委から言い含められていたようですが、そういうことを教職員には全く明かしません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪府立住吉高校国際教養科設置をめぐって(1989年)2 設置を一年延期してほしいという「要請書」を府庁に持って行く

 写真は1989年10月に、大阪府立住吉高校の教職員が府庁に持って行った、国際教養科の設置を一年延期してほしいという「要請書」(案)の内容です。これでよいか全体に諮ったので、一部修正されたかもしれません。職員会議の決定事項なので、議長団三名の名前と印鑑が押されています(その部分は省略)。すでに9月18日の職員会議で来年度の開設を延期する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤木ファイルを残したことに感銘 大阪府立住吉高校の国際教養科設置をめぐって(1989年)1 半年前に校長が通告・1…

 森友文書改竄の経緯を詳細に記した赤木俊夫さんの誠実さには改めて感銘します。佐川理財局長の言いなりになる役人が大半だった中で、その理不尽な指示に最後まで抵抗した良識ある人がいたことを忘れてはいけないと思います。それと共に、記録しておく必要性も痛感しました。  森友問題に関しては、3月に赤木さんの妻が立ち上げたプロジェクト「私の夫、赤木…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画探訪47 「タイタニック」2 科学への過信・極限状況に置かれると本性が表れる・生徒の感想の一部

 タイタニックという名前は、ギリシア神話の巨人族であるタイタン(ティターン)族に由来しますが、タイタン族は、ガイア(大地)とウラノス(天空)の間に出来た息子たち、娘たちの計12神を指します。なお、西洋文学を研究する者にとっては、ギリシア・ローマ神話と聖書の知識は必須です。またラテン語は、大学の文学部の西洋文学専攻者たちにとって、在学当時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画探訪46 「タイタニック」1 大阪府立堺工業高校の授業で取り上げた際のまとめプリント・階級社会のひずみが集約さ…

 視聴者リクエスト企画で映画「タイタニック」でテレビで放送されましたが、この映画も大阪府立堺工業高校に勤務していた時、国語の授業で見せて教材として取り上げたことがあります。生徒に感想を書いてもらい、内容に対する理解を深め、感想の一部も記したまとめプリントを作成しました(市販ビデオの解説文やいろいろ調べたことをもとにしています)。この映画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

必修クラブの最後の遺産となった「文芸」クラブの雑誌・一年生6名だけの受講者・卒業する前に生徒作品をまとめて雑誌にし…

 かつて高校には、放課後の部活動とは別に、授業時間内に必修クラブというものが週に1時間だけありました。受講するクラブは生徒が自由に選べましたが、一つのクラブにあまり生徒が集中するといけないので人数調整はありました。 大阪府立住吉高校で「文芸」クラブを担当した時、1年の生徒たちに詩や小説、随筆などを書いてもらい、最後に雑誌にしてま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古典文学探訪158 古典を学ぶ意義・自国の伝統文化に対する理解を深める・昔も今も変わらぬ人の心情・古語と文法をマス…

 新聞に以前、理科や古典は将来の役に立たないから学ぶ意義はないという高校生の投書が載っていました。数学の公式などもそうだと言います。学校でどこまでの基礎学力を身に付けておくべきかは、難しい問題であり、高度なことは、その道に進む者だけが学べばいいという理屈にも一理あります。  しかし、古典について言えば、私自身は授業の最初に、古典を学ぶ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

50年前の大学合格電報・現役、浪人で受験した大学はそれぞれ1校のみ・大学に入ることだけが目的化している現状・入試制…

 50年前の大学の合格通知の電報が手元に残っています。合格発表は大学のキャンパスであったのですが、見に行くのに交通費と時間が結構かかるので、料金が安い電報を頼みました。電報は大学が行っているものではなく、学生たちが請け負ってしているものでした。  当時、国公立大学は授業料が格別安かったので、経済的に苦しいわが家でも行けたのですが、私立…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今や高校と予備校は持ちつ持たれつの関係・12年前のセンター試験直前に出した学級通信

 教員になった当時、高校と予備校は一線を画していましたし、交流を持たないようにしていました。それがいつしか、持ちつ持たれつの関係へと変化していきました。受験指導も、かつては高校での実力テストの結果などをもとに行ってきましたが、予備校の全国レベルのデータ収集力には勝てず、生徒のセンター試験の点数などを予備校に送った上で、志望する大学・学部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

20数年ぶりの大阪府立住吉高校の周辺散策5 当時の周辺住民からの苦情・「闇チャリ」という言葉・西隣は今は空き地

 大阪府立住吉高校の周辺の回りを歩いて一周してみましたが、在任当時、教員親睦のテニスをしている時、2コートしかないため、ダブルスの試合で8名までしかできず、人数が多いと待たねばならなりませんでした。冬場はその間寒いので、学校の回りを同僚とランニングして一周していました。   写真は校舎の南側を撮ったものです。高校は当時から住宅街の中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

20数年ぶりの大阪府立住吉高校の周辺散策4 卒業式で君が代が流された際、教職員や生徒が退出した時代・卒業証書をハン…

 いわゆる国旗・国歌法ができたのは、1999年のことですが、それより数年前に卒業式に日の丸を掲揚し、君が代を流すという問題で、住吉高校も混乱したことがあります。校長が文部省や教育委員会の意向を受けて、教職員や生徒に強制してきました。大半の教職員や生徒の自治会、生徒の部落解放研究会などが反対し、校長交渉をしたにもかかわらず、校長は強行しま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

20数年ぶりの大阪府立住吉高校の周辺散策3 創立60年記念に建てられた伊東静雄の詩碑・旧制中学教員当時の伊東・同人…

 大阪府立住吉高校の旧正門と正門の間ぐらいに、伊東静雄の詩碑が建っています(「住吉の森」と呼ばれる木立の中)。コロナ禍で校内には入れないので、柵越しに写真を撮りました。  碑には「わが死せむ美しき日のために 連嶺の夢想よ! 汝(な)が白雪を消さずあれ」で始まる「曠野(こうや)の歌」と題する詩が刻まれていますが、創立60年記念に建立され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

20数年ぶりの大阪府立住吉高校の周辺散策2 スポーツや読書会・同人誌発行などを通じた教員の親睦・高津高校と同じよう…

写真は住吉高校の正門です。旧正門(1昨日の写真)から西に少し行ったところにあります。正門を入って右側(西側)が理科棟、左側が体育館(一階は下足室)、奥が玄関、本館です。この景観は、当時とほとんど同じです。    正門の北側に道を挟んで北グラウンドがあり(もっと大きな東グラウンドは校舎のそばにありますが)、部活動の部室も建っています。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高校一年生の時、岐阜の両親の実家に18日間滞在・薮川で泳ぐ・妹の理科の自由研究や担任への暑中見舞文を手伝う・父の実…

 今年の夏はコロナ禍で帰省もままならなかったという人が多かったのはなんとも気の毒なことですが、今から53年前の高校一年生の時の日記を読み返していたら、夏休み、岐阜の両親の実家に18日間も行っていました。行きは妹と二人で、お盆の4日間は両親も駆け付け、帰りは家族一緒でした。そのため、夏休みの最初に宿題のかなりの部分を急いで済ませました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中島みゆきさんが国語教師にならなかった理由・国語の正解を一つにする難しさ

 中島みゆきさんは国文の出身で、国語の教員免許を持っていますが、教員にならなかったのは、教育実習の時の経験があったからだと、かつてNHKFMの番組でおっしゃっていました。すなわち、指導書には、ここの文章はこういうふうに解釈するのが正解だと書いてあって、その通りに教えたところ、後で生徒がこういうふうに解釈できませんかと言いに来て、確かにそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪府立高津高校の同期生のヒロ寺平さんが深夜番組「ヤングタウン」に高校生の時にドラマーとして出演・高校紛争の激しか…

大阪府立高津高校の同期生で、ディスクジョッキーを長年務めたヒロ寺平さん(残念ながら、一度も同じクラスになったことはありません)が、毎日放送の番組「ちちんぷいぷい」(「おうちにいようよ」)にリモート出演し、昔の写真を紹介していました。その中に、高校二年の時に、毎日放送の深夜ラジオ「ヤングタウン」にドラマーとして出演していた時のものがあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

唐突だった住吉高校の国際教養科設置・巻き起こった反対運動も実を結ばず・国際理解という専門科目を担当・民話から国民性…

 普通科だけだった大阪府立住吉高校に国際教養科が併設されたのは、平成2年のことですが、教員にそのことが知らされたのは前年の9月でした。全く寝耳に水の話で、校内で反対運動が起こりましたし、準備が整いそうになく少なくとももう1年延ばしてほしいと府教委や府会議員に陳情に行きました。しかし、そういう反対運動も空しく、そのまま強行されてしまいまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9月入学問題・アメリカに留学していたため一人だけの卒業式になった住吉高校国際教養科の生徒・国際科有志による演劇「美…

9月入学は、クリアすべき問題が多すぎて、すぐに始めることができるかどうか疑問ですが、外国の状況に合わせて9月入学にすべきだとはかねてより思っていることです。  大阪府立住吉高校で国際教養科2期生の3年の担任をしていた時、一人の女生徒がアメリカの高校に一年間留学しました。アメリカで単位を修得して、卒業を満たすだけの単位を取れたため…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

約5年ぶりの大阪府立大手前高校訪問8 作法室での茶道部のもてなし・東儀秀樹の文章によって雅楽の奥深さを知る

大手前高校の作法室で、茶道部の部員によるお茶のもてなしを何回か受けました。心がゆったりするひとときでしたし、特別な空間でした。外国の高校生が訪問した時にも、茶道部をお茶をふるまっていましたが、好評だったようです。今も来校者に対してお茶のもてなしは続けられているのでしょうか。茶道も日本の伝統文化の一つですから、外国の人々にもできるだけ知っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

回想・大手前高校で発行していた学級通信・生徒の自己紹介文、行事の感想、iPS細胞の記事などさまざまな話題を提供・二…

 大手前高校で担任した時に発行した学級通信は今でも残してありますが、58期生二年前期は11号、二年後期は8号、三年は18号、68期生二年後期は12号、三年は21号までそれぞれ出しました。半月に一回ぐらいのペースで出したことになりますが、これぐらいが精一杯でした。  今でも思うのは、二年前期の忙しさです。半年のクラスなのに、行事としては…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

約5年ぶりの大阪府立大手前高校訪問7 昭憲皇太后(明治天皇の皇后) 行啓記念碑・大阪府高等女学校時代に訪問・伏見の…

 大阪府立大手前高校が伝統校であることを物語るものとして、校内に建っている昭憲皇太后行啓記念碑があります。昭憲皇太后は、明治天皇の皇后であり、一条家の出身で、名前は勝子(まさこ)、のちに美子(はるこ)と改名しました。皇后になったのは、明治元年のことであり、当時19歳でした。  昭憲皇太后が訪れたのは、大手前高校が大阪府高等女学校…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

約5年ぶりの大阪府立大手前高校訪問6 回想  レベルの高いコーラス大会・驚かされた生徒の本気度・審査の大変さ

大手前高校のコーラス大会にかける生徒の本気度には驚かされるばかりでした。赴任した当時、朝、登校する時から三年生のクラスからコーラスを練習する声が聞こえていました。コーラス大会は五月に行なわますが、三年生は二年の後期にすでに次年度の合唱曲を決めているクラスもあり(二年後期から一年半同じクラスです)、早くから練習に取り組んでいましたから、最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

約5年ぶりの大阪府立大手前高校訪問5 回想 三年の文化祭で演劇「ベルサイユのばら」を凝った演出で熱演

 今から15年前のことになりますが、大手前高校で58期生の三年理系の担任をした時、文化祭で演劇「べルサイユのばら」を行ないました。この場合もすべて生徒たちが企画・運営しましたから、担任は付き添うだけでした。脚本は女子生徒が書きましたし、小道具・大道具も生徒が工夫してこしらえ、劇の演出も凝っていました。  マリーアントワネットが処刑され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

約5年ぶりの大阪府立大手前高校訪問4 回想 赴任二年目に二年担任・学級通信発行・文化祭に三体のグリコ人形

大手前高校赴任二年目に、突然二年の担任に入ったのですが、学年主任のI先生に担任に入ってくれないかと打診されました。担任の先生で部長に選ばれた人がいて、兼務は難しいと担任を辞退され、私に声がかかったというわけです。大いに不安はありましたが、引き受けました。生徒との距離を縮めるべく学級通信を初めて出しましたが、結構有効で、大手前で担任した間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

約5年ぶりの大阪府立大手前高校訪問3 伝統的に続いている一年生のかるた大会

 大手前高校を訪ねたのは1月30日の木曜日でしたが、四限終了後、一年生は体育館に集合するようにという校内放送が入りました。五限はLHRの時間ですが、この日はかるた大会が開かれました。もっとも、国語科のI先生と会ってほどなく、二人で大手前を後にしたため、かるた大会を見ることはできませんでしたが、かるた大会がずっと続いていて、伝統が守られて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more