テーマ:奈良探訪

西大寺で巻雲短歌会会誌の次号編集の打ち合わせ・安倍元首相銃撃事件の現場・西大寺の紅葉

 16日、西大寺駅前の喫茶店で、巻雲短歌会会誌の次号の編集についての話し合いを共同代表の人と行い、予定通り発行する段取りを整えました。  安倍元首相が狙撃された事件現場は、喫茶店のすぐそばですが、事件後、ここに来るのは初めてです。事件現場は当初の計画通り駅前の再開発の一環で車道として整備されるということで、目下工事中でした。市長が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良探訪 巻向遺跡 番組「邪馬台国サミット」畿内説と九州説、それぞれの根拠

 19日、田原本町にある唐古・鍵遺跡史跡公園の次に、桜井市にある巻向遺跡を訪ねました。巻向遺跡自体は広大な範囲に及びますが、われわれが訪れたのは、JR巻向駅のすぐ西側にある建物跡です。それぞれ建物B・建物C・建物Dと記号が付けられており、柱がずらりと立ち並んでいました。駅の東側にも、建物Fがあり、これら四棟の建物群は、3世紀前半から中頃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良探訪 唐古・鍵遺跡史跡公園 弥生時代の環濠集落遺跡

 19日に「巻雲短歌会」の共同代表の三嶋健男氏と天理市で4ヶ月ぶりに打ち合わせを行いましたが、その際、車で田原本町の唐古・鍵遺跡史跡公園と桜井市の巻向遺跡を案内してもらいました。どちらも訪ねるのは初めてでした。  唐古・鍵遺跡は弥生時代の環濠集落遺跡ですが、史跡公園としてオープンしたのは、4年前のことです。広大な敷地で、人々の憩いの場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良在住の元同僚との奈良公園散策7 若草山・水谷神社・阿倍仲麻呂の歌碑

 4日の奈良公園界隈散策は、手向山八幡宮を経て、若草山の山麓を通り、春日大社の方へ行きました。若草山へは入山しませんでしたが、子供の頃から家族や遠足で何回か来ましたし、教員になってからも、遠足の付き添いで来たことがあります。眺めがよくのんびりできますし、遊んだり昼食を取ったりするにはうってつけの場所です。ただ斜面なので、ものがころがり落…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良在住の元同僚との奈良公園散策6 東大寺の奈良時代の鐘・平氏による南都焼き討ち・ 手向山八幡宮・菅原道真の百人一…

 東大寺の二月堂・三月堂の近くに鐘楼があります。大鐘は奈良時代に、大仏開眼と同時に造られたものですが、鐘楼は鎌倉時代に再建されたものです。除夜の鐘も、この鐘が撞かれているということですから、この鐘も時代の重みを感じさせます。  興福寺・東大寺の大部分が平氏によって焼かれるという、いわゆる「南都焼き討ち」があったのは、1180年のことで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良在住の元同僚との奈良公園散策5 東大寺二月堂からの見晴らし・良弁杉・奈良時代に創建された最古の三月堂、奈良時代…

  東大寺二月堂のお水取りは、テレビのニュースなどで毎年のように見ていますが、実際、見に来たことはありません。T先生はよく見に来られているので、お水取りに詳しく、具体的なことをいろいろと教えてもらいました。お水取りの際は、お松明を持った童子、練行衆らが、屋根のついた石段の「登廊」を登り「舞台」へと移動します。  二月堂の「舞台」は、見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良在住の元同僚との奈良公園散策4 万博の際、古河パビリオンに再現された七重塔の相輪・その時のパンフレットやスタン…

 東大寺大仏殿のすぐ東側に七重塔の相輪が建っています。これは、1970年の大阪万博の際、古河パビリオンに再現された七重塔の相輪です。万博終了後、東大寺に寄進し移築されました。七重塔は、大仏殿の前の東西に二基建てられていましたが、その後、七重塔は戦火や落雷によって焼け、再建されないまま現在に至っています。  万博の時は、86メートル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良在住の元同僚との奈良公園散策3  東大寺ミュージアム・東大寺参道

初めて東大寺ミュージアムに入りました。誕生釈迦仏立像、千手観音菩薩立像、日光菩薩立像、月光菩薩立像、四天王立像などをはじめとする国宝・重要文化財の仏像が間近に眺められ、四天王立像は後ろからも見ることができました。伎楽面や古文書、絵図などさまざまな貴重なものも展示されていました。1200年以上の歴史の重みを改めて感じました。ホールや研究所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良在住の元同僚との奈良公園散策2 奈良国立博物館・氷室神社・くず湯あんかけ天丼

  4日の奈良公園界隈散策は、奈良国立博物館のところを通って、氷室神社へ行きました。氷室とは、氷を夏まで溶かさず貯蔵したところですが、奈良時代に春日野に氷池や氷室を設け、氷の神を祀ったのが氷室神社の始まりとされています。毎年、5月1日に献氷祭が催されていますが、最近、奈良のかき氷が有名になっているのも、関わりがあるような気がします。むろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良在住の元同僚との奈良公園散策1 藤原不比等が創建した興福寺 古事記・日本書紀の編纂に深く関わったとする梅原猛氏…

 4日に、大手前高校で同僚だった、奈良在住のT先生に奈良公園界隈を案内してもらいました。子供の頃から奈良公園にはよく来ていますが、初めて東大寺ミュージアムを見学し、二月堂、三月堂にも入り、豊富な知識をお持ちのT先生に教えられることが多く、新たな知見がいろいろ得られ、有意義なひとときでした。桜も満開で、散策するには最適の日でした。  ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良探訪 古典文学探訪157 犬養孝氏の「万葉の旅」に掲載されている、大伴坂上郎女の「佐保川」を詠んだ歌

 1月7日、新大宮駅近くにある印刷所での打ち合わせまで少し時間があったので、佐保川の川辺をちょっと散策しました。「万葉集」には、「佐保川」「佐保の川」を詠んだ歌が計18首掲載されています。犬養孝氏の「万葉の旅」では、「佐保川」を詠んだ歌として、大伴坂上郎女(おおとものさかのうへのいらつめ)の次の歌をはじめ3首が載っています。彼女は大伴旅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西大寺の喫茶店で巻雲短歌会会誌の編集打ち合わせ 西大寺の紅葉・東塔の基壇と楚石

 11月29日、巻雲短歌会会誌の次号の発行に向けて、共同代表の三嶋健男氏との最終打ち合わせに奈良の西大寺まで行ってきました。原稿が出揃ったので、自分が一太郎ソフトを使って歌誌の編集を行い、一応完成させたものを、家のプリンターで印刷し、それを三嶋氏に手渡しました。これから2人でそれを校正し、その訂正版を私の方で打ち、それをUSBにコピーし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

番組「邪馬台国サミット2021」 魏の皇帝から卑弥呼に贈られた銅鏡についていくつかの候補 

NHKの番組「邪馬台国サミット2021」で、魏の皇帝から卑弥呼に贈られた銅鏡百枚について、これがどの鏡かについてもいくつかの候補が挙げられていました。  ①内行花文(ないこうかもん)鏡 46.5センチの直径がある大きなもので、福岡県の平原遺跡一号墓(被葬者は副葬品から女性)で5枚発見されました。邪馬台国九州説を後押しする根拠の一つとな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬酔木の花が咲く「ささやきの小径」・短歌誌「馬酔木」・「万葉集」の馬酔木の歌・伊藤左千夫の小説「野菊の墓」の生徒の…

庭の草むしりをたまにしていますが、腰に負担がかかるので、毎回短時間にとどめています。それにしても、雑草の生命力は強く、少し草むしりを怠ると、庭が草でぼうぼうになります。  半月ほど前まで庭に馬酔木(あせび、あしび)の花がこじんまりと咲いていました。小さな花が下を向いて咲いているのが特徴です。「馬酔木」は馬が葉を食べると足がしび…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良探訪 黒塚古墳・前方後円墳であることを歩いて実感・展示室に竪穴式石室と出土した三角縁神獣鏡などを展示・魏から卑…

 巻雲短歌会の共同代表の三嶋健男氏と打ち合わせをしに行った日に、初めて天理市柳本町にある黒塚古墳を訪ねました。実際に古墳を歩くことができるようになっており、前方後円墳であることを実感できました。平成9・10年の発掘調査で、竪穴式石室の存在が明らかになり、33面の三角縁神獣鏡が出土し、当時、新聞にも載りました。  なお、江戸時代は、柳本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良探訪 三十数年ぶりの石上神宮・山の辺の道の起点・山の辺の道は中学文芸部の時に来たのが最初・その時の習作短歌2首

 天理の石上神宮を訪ねるのは、三十数年ぶりのことでした。山の辺の道の起点、終点であり、山の辺の道の雰囲気が好きで、若い頃は何回か歩きました。道中にみかんなどが無人で販売されており、お金を置いて買って食べたものです。中学二年生の時、文芸部の活動の一環の「文学散歩」として、日曜日に顧問の植村武先生に連れて行ってもらったのが最初です。その時に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良探訪 天理大学図書館を少し見学・入口に展示されていたポルトガル船マードレ・デ・デウス号の大砲

 巻雲短歌会の共同代表の三嶋健男氏と、短歌誌の今号の収支決算と総括、次号の打ち合わせなどをするため、天理まで出かけました。その折、三嶋氏に車で、天理大学図書館、石上神宮、黒塚古墳を案内してもらいました。    天理大学は、三嶋氏が国文学の教授として勤めておられたところで、奈良もコロナの感染が広がっているものの、キャンパスの中には入る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「巻雲短歌会」の歌誌発行のための編集作業・今回は印刷所訪問は一回だけで済ます・天理駅前で今後の打ち合わせ

 9日の午後、「巻雲短歌会」の歌誌発行のため、共同代表の三嶋健男氏と共に印刷所に最終校正原稿とそのデータが入ったUSBを持って行きました。コロナ禍以来、三嶋氏とは会っていなかったので、ほぼ1年ぶりの再会となります。会員の短歌作品の添削は、2人で分担しておこない、それらの作品と文章の入力も2人がしました。三嶋氏から入力したものをメールに添…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良探訪 美術探訪 松柏美術館「上村松園・松篁・淳之展」2・松園の「花がたみ」・松篁、淳之の鳥小屋・旧佐伯邸

 松柏美術館に展示されていた、上村松園の「花がたみ」は、一番インパクトがありました。謡曲「花がたみ」に基づいた日本画で、継体天皇を愛するあまり精神を病んでしまった照日の前の姿を描いていますが、虚ろな目の表情がなんとも鬼気迫っていました。松園はこの絵を描くために、精神病院に泊まり込み患者の様子を観察しましたから、この絵に対する気迫や執念み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良探訪 美術探訪 松柏美術館「上村松園・松篁・淳之展」1・松園の「楊貴妃」 古典文学探訪 白居易の詩「長恨歌」 

 夫婦で奈良・学園前にある松柏美術館に初めて行きました。大淵池に面したところに建っているこぢんまりとした瀟洒な美術館で、現在「上村松園・松篁・淳之展 魂の継承~受け継がれる魂~」が開催中です。上村家三代の作品が展示されており、それぞれ描く対象も画風も違っていますが、その姿勢や作家精神、底流にあるものなどは共通しているように感じました。「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良探訪 奈良時代の元興寺は今の十倍以上の規模・伽藍は一直線に配置・境内の「浮図田」

奈良町にある元興寺を、昼食後訪ねました。拝観するのは二十数年ぶりのことで、世界遺産になってから初めてのことです。元興寺の前身は、飛鳥にあった法興寺(飛鳥寺)で、平城京遷都の時に、この地に移ってきて、名前も元興寺となりました。もっとも、当時の寺の敷地は、今の十倍以上ありましたが、現在、大半がほとんど奈良町の町並みに変わっています。   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良探訪 大正時代に美術商が建築した奈良町にぎわいの家・昼食は「ならやま茶館」の薬膳料理

 奈良町にぎわいの家は、大正時代に美術商が建築した町家で、京町家と同じく、一階はかなり奥行きがありました。いろいろなところにこだわりがあり、それぞれ凝っていて、仏間も広く、天井に絵も描かれている豪華な作りでした。  加藤史江さんの作品は床の間や渡り廊下にも展示されていて、町屋の雰囲気に見事に調和していました。伝統的な物と斬新な物とが融…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良町にぎわいの家での、加藤史江さんの個展「たゆとう記憶」・大阪府立住吉高校の自由な校風・初めて3年間担任した38…

10月に奈良町にぎわいの家で開かれていた、加藤史江さんの個展「たゆとう記憶」を見に行きました。大阪府立住吉高校の38期生ですが、最近、巻雲短歌会に再入会され、個展の案内をいただきました。現代アートの世界で活躍し、各地で個展を開かれています。二階の二間を使い、手前の部屋には川が流れているように見えていますが、よく見ると小さな舟の造形物が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会誌に拙文「 巻雲短歌会五十周年」 西大寺で共同代表と会合 奈良探訪 菅原天満宮の梅

写真は一月末に発行した巻雲短歌会の会誌です。一年ぶりの発行です。短歌会が創設されて五十年を超え、私はその会誌に「巻雲短歌会五十周年」と題する文章を掲載し、会の歴史の概略を記しました。なにしろ、創設当時のことから知っているのは私だけなので、記録として書いておく義務があると思ったからです。はや五十年が経ったのかと思うと感慨深いものがあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良探訪 西大寺の奥の院の法界躰性院 中興の祖の叡尊上人の五輪塔 郷愁が募るキンモクセイの香り

 20日の日曜日、短歌誌の次号(144号)の編集会議のため、大和西大寺まで行ってきました。会議といっても、いつも通り共同代表の三嶋健男氏(天理大学名誉教授)と二人きりなのですが。原稿が7割方集まっているので、どういうふうに編集してゆくのかその方針を決め、これからの段取りを整えました。パソコンで具体的に編集してゆくのは、私の役目なのですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音楽探訪34 声楽交友会ベルカントの公演2 喜劇「チェネレントラ」・悲劇「チューダー朝三部作」・「なごり雪」の替え歌

「奈良市ならまちセンター」で行われた、声楽交友会ベルカントの公演ですが、全29曲あり、私の知らない曲もたくさんありました。「シンデレラ」をもとにした、ロッシーニの「チェネレントラ」は、4回に分けて、少しずつ歌われました。面白いのは、ヒロインのお膳立てをするのが魔女ではなくまた魔法も使われず、王子の教育係である哲学者だということ、ヒロイン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音楽探訪33 声楽交友会ベルカントの公演 元同僚の先生の「ローレライ」の独唱

7日のことになりますが、この日は大阪、奈良と回って、夜十時過ぎに宇治に戻ってきました。 午後一時から京阪のなにわ橋駅の地下コンコースの一角にある「アートエリアB1」で、福島克彦氏の講演「明智光秀の拠点、坂本城を探る」があり、それを聴きに行きました。史料に基づいて、光秀の事績、坂本城などについて述べられていましたが、その具体的な講演内容…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良探訪8 秋篠寺の伎芸天像の美しさ・「仏像に想う」の岡部伊都子氏の名解説

  写真は秋篠寺の本堂を10日に撮ったものです。この日は午後から生駒で歌会があったので、それまでの時間を利用して近鉄の西大寺駅で途中下車して、訪ねました。駅から北西に歩いて十数分程のところにあります。秋篠寺を訪ねるのは何十年ぶりでしょうか。一番のお目当ては本堂に安置されている伎芸天像です。 私が本堂に入った時は、他に人はいなかったので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良探訪7 西大寺、菅原天満宮、喜光寺、菅原はにわ窯公園、垂仁天皇陵を巡る

 写真は奈良にある西大寺の本堂を2月18日に撮ったものです。午後2時半から生駒で巻雲短歌会の歌会があったので、それまでの時間を利用して、近鉄西大寺駅で途中下車して、西大寺、菅原天満宮、喜光寺、菅原はにわ窯公園、垂仁天皇陵を回りました。その後、近鉄尼ヶ辻駅から再び電車に乗って生駒に向かいました。  尼ヶ辻駅は、中学時代から馴染みのある駅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良探訪6 平城宮跡 「大立山まつり」の準備・「発掘速報展 平城2015 」

 写真は平城宮の大極殿を昨日撮ったものです。午後から生駒市で行われた短歌会に参加し、それまで少し時間があったので、近鉄西大寺駅で途中下車して久しぶりにぶらり散策してきました。平城京遷都1300年のイベントに家族で行って以来です。  昨日行った時には知らなかったのですが、今日から平城宮跡で「大立山まつり」が行われ、その準備がされていまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more